海外紀行TOP
イタリア&フランス旅行 2005年11月30日〜12月27日
HOME Ken & Mary's Second Life
マルセイユ ニース ミラノ フィレンツエ ローマ ナポリ 南イタリア ヴェネチア 再びミラノ パリ アミアン 再びパリ
イタリア旅行:日程表⇒


2005.12. 19(月 )
ボローニャ
ヴェネチア
 20日目


ボローニャ中央駅
Ken & Mary's Second Life
イタリア&フランス旅行
Schedule
 
 旅紀行(海外)
 旅紀行(国内)
 旅紀行(札所)
 旅紀行(温泉)
 日曜名画座
 '60Hit-Parade
 Mami (pet)
 ARCHIVE
 RETIREMENT
 SITE-MAP




ヴァポレット
サンタルチア駅〜サンモイゼ

12月19日(月)晴れ
AM7:00 朝食。
ヴェネチア行き列車時間まで2時間あり町に出る。
ホテル近くに小さなスケートリンクがあり朝早くから子供達でおお賑わい。    町はごみひとつなく物売りもいなく上品な印象。
通勤の人並みの中を歩き大きな公園に入り、高台から市内を見る。
しばらく歩いた後ホテルに戻りAM10:50チェックアウト。

AM11:42・ES9464 ヴェネチア行き 1号車35・36席
例のごとく到着遅れる。 電光表示板によると1時間位の遅れの模様。
イタリア鉄道もすっかり慣れ落ち着いて待つのだたいつ来るかわからないので時々上のホームに上がり確認しながら下の連絡通路で待つ。通路も列車を待つ乗客で埋まっている。  寒い。 1時間以上遅れやっとヴェニチア行き列車到着。   列車の車両表示がなくホーム中ほどで待ったため1号車まで走る。
やっと乗車。   4人席 隣はオーストラリアからの若い夫婦。
モロッコ〜フランス〜イタリア〜スイスと3ヶ月かけて廻っている途中と優雅。    パソコンを開いていたのでESの一等車はインターネット接続できるのかと興味があり聞いてみた。
インターネット接続できないがバッテリーでの資料整理だった。

PM15:30 1時間遅れでヴェネチアサンタルチア駅着。
駅を出るとすぐ大運河。
旅行の前にキャサリン・ヘップバーンの『旅情』観てきたが50年前そのまま。バポレット乗船サンマルコで下船。
地図の通り左に歩いき右折直進、約5分サンモイゼ広場近く小運河前のサンモイゼ・ホテルにチェックイン。


サンモイゼホテル・アラブ調の部屋

サンモイゼホテルの部屋はレセプションから一度外に回り庭から入った2階の部屋101号室中国人ポーターに荷物運んでもらいながら案内される。
荷物を持ってもらい案内されると、一度フロントからホテルを出て来る時に通った道に戻り直ぐ暗証番号を押し鉄のドアを開け入ると中庭で左階段を入り上がって2階が部屋。
部屋は入ると直ぐに目の前に大きなシャンゼリア下、ベッドが2つ並びアラブ風で趣味が悪く落ち着かない感じ。
着替えて散歩にでる。 ホテルは街の中心に近く立地は最高。
迷路の小道〜広場〜小道と目的なく歩いてみる。
最後はサンマルコ広場からホテルに帰る。
  

ホテル前の小運河

サンモイゼホテル・エントランス
2005.12. 20(火 )
ヴェネチア
 21日目


2005.12. 20(火 )
ヴェネチア
 21日目
12月20日(火) 晴れ
AM7:00起床 ラジオ体操 朝食 9:30〜13:00リアルト橋〜カドーロ方面道〜広場〜道歩いて歩いて散策 快晴だが寒い
一度ホテルに戻り休憩14:00〜17:00 アカデミア美術館方面散策 
Mお土産の靴買う。
1日中歩きまくり疲れた。

PageTop
ヴェネチア・サンマルコ広場
ヴェネチア・サンマルコ広場
ヴェネチア・サンマルコ広場
ヴェネチア・サンマルコ広場
ヴェネチア・サンマルコ広場

ヴェネチア・サンマルコ広場
2005.12. 21(水 )
ヴェネチア
 22日目


12月21日(水)今日も快晴
3日続けてヴェネチアは快晴 おかげで隅から隅まで歩いて観光できる
8:30〜朝食 10:00〜13:00リアルト橋〜カドーロ方面を歩いて休んで散策  
快晴だが寒い ホテルに戻りトイレ 14:00〜17:00アカデミア美術館〜サンタマリアデッラサーテ教会方面散策
夕日がきれい サンマルコ広場に戻りしばしたたずみ ホテルへ帰り夕食   午前中散歩中フィレンツエの時計屋さん支店で腕時計・地元のかばん屋さんでショルダーバッグ
を購入   旅行もいよいよ終盤
 
 旅紀行(海外)
 旅紀行(国内)
 旅紀行(札所)
 旅紀行(温泉)
 日曜名画座
 '60Hit-Parade
 Mami (pet)
 ARCHIVE
 RETIREMENT
 SITE-MAP

帰りのバポレット サンモイゼ〜サンタルチア駅
(トランク荷物料金取られる)
PageTop

BACK

NEXT
PageTop

HOME  | 海外紀行 | 日本紀行 | 札所紀行 | 小さな旅・温泉 | RETIREMENT | HIT-PRADE| PET | ARCHIVE | PROFILE | SITE-MAP 


Ken & Mary's Second Life

NO-SIDE  It aims at a happy retirement E-mail: no-side@no-side.us
Copyright c1998-2007 Ken & Mary. All rights reserved.