セカンドライフ シニアの旅 団塊世代KenとMaryのNO-SIDE 
海外紀行 日本紀行  札所紀行 温泉 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI Archives PROFILE SITE-MAP
Ken&Mary's リタイア後の札所・温泉・日本再発見旅
2004年5月18日〜19日 長崎・雲仙温泉
5月18日 東京長崎空港(レンタカー)諫早〜国見〜島原島原城雲仙温泉
5月19日 雲仙長崎市内散策長崎空港東京
2004.5.18
羽田空港

長崎空港

島原

雲仙温泉


K&MSecond Life
 
 旅紀行(海外)
 旅紀行(国内)
 旅紀行(札所)
 旅紀行(温泉)
 '60Hit-Parade
 Mami
 Archives
 リタイアメント
 サイトマップ
 日曜名画座
羽田発JAL7:40分の飛行機で長崎へ。
長崎空港9:30分着。トヨタレンタカーカウンターでレンタル手続きして最初の目的地島原目指して出発する。

長崎自動車道から諫早ICで下りて251号線を有明海に沿って走る。サッカーで有名な国見だろうかを通り更に沿岸を進み島原に入る。島原城の駐車場に入り車を置く。
城を見学した後近くの武家屋敷跡を歩く。







島原城築城の頃は70石以下の武士の集落で道の中央には熊野神社から湧き水を引く水路が通り生活用水としていた。屋敷はそれぞれ90坪に区分けされ今も昔のままの風情を残していて、まげに袴姿で刀をさし、侍が行き来する姿がおもわれる。



武家屋敷見学後又城の前をを通り島原の繁華街と思われる方に行ってみる。過疎化が進んでいるのだろうかアーケード商店街を歩く人がほとんどいない。

NO-SIDEホームへ
HOME

そこから住宅街に入ると道路わきの用水路には鯉が放流されていてなかなかの風情が醸しだされて商店の元気無さと好対照だった。


お城に戻り、又車を走らせて島原郊外から右に普賢岳を見ながら雲仙に向かう。1991年普賢岳の大噴火では沢山の犠牲者を出し噴煙を上げマグマが吹き出る姿は記憶に新しく今は穏やかな山すそだが頂上付近は大噴火の痕跡が生々しく残っていた。
普賢岳を回り込むように登り、山岳道路に入る。路端にはハングル文字の案内板が目立ち、少なくなった日本人客からから韓国や中国に集客を求めている様子が感じられる。


雲仙温泉地獄

雲仙温泉に着き駐車場に車を置いて雲仙温泉地獄の見学に行く。


地獄めぐりの帰り温泉卵をお土産に宿の東園にチェックインする。


東園で通された部屋は洋間と和室二部屋つづきの広い部屋で窓の外はおしどりの池という人工湖だろうか、静かな湖面がひろがっていた。
さっそく浴場に行く。お風呂は湯船から湖を見下ろす横長の湯船だ。

隣のベッドの部屋で横になっていると夕食の案内がある。
6:00〜中年の仲居さんがおしゃべりをしながら手際よくテーブルに料理を並べていく。夕食は懐石料理で手の込んだ内容でとても美味しかった。

東園・夕食



夕食後にもう一度お風呂に入る。
久しぶりの運転で疲れたのか11:00布団に入るなり眠りに入る。


雲仙温泉お湯の特徴
雲仙は元来「温泉」と書いて「うんぜん」と読まれていた歴史を持つ地域です。そのお湯は硫黄を含んだ強い酸性泉で温泉療法が盛んなヨーロッパでも見られない温泉です。
日本では草津温泉のお湯とよく似ています。
泉質
酸性硫化水素泉、含硫化水素酸性みょうばん泉、緑ばん泉と言い、一般的には硫黄泉と呼ばれます。
効能
硫黄、つまり強い酸性なので殺菌効果があります。湿疹やしもやけ、切傷などの皮膚病全般に効果があります。また美肌効果もあり、その他、慢性のリウマチ、糖尿病、神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進にも適していると言われています。

温泉入湯記 HOME⇒

2004.5.19
(木)
諏訪神社
市内観光
長崎平和公園
長崎空港
羽田空港

K&MSecond Life


5月14朝、チェックアウトして雲仙から来た時と反対側の道を下り小浜に出て天草灘を左に回りこむようにしながら長崎に向かう。


長崎くんちの行われる諏訪神社

カーナビの目的地を長崎の諏訪神社にして10:30頃諏訪神社の駐車場に着く。車を置かせてもらって市内観光に出る。
諏訪神社下から路面電車に乗り大浦天主堂下へ。




大浦天主堂

大浦天主堂からグラバー園を見学。





グラバー園



グラバー園ダイニングルーム

グラバー園を出てオランダ坂を通り。チャンポン発祥の店四海楼でチャンポンと皿うどんを食べる。


チャンポン・皿うどん発祥の店・四海楼でお昼



チャンポン・皿うどん・角煮万頭

食事が終わって下の道路に出る。その時ビデオカメラを置き忘れたのに気づく。一目散にエレベーターで店に戻りさっき食事した席に行ってみるがすでに他の客がいてカメラを置いたと思われる椅子にはカメラはなく、従業員の人と一緒に大慌てでトイレや周りの席など探してみるがどこにも見当たらない、カメラより写した思い出が消えるようで情けなく力が抜けて半ばあきらめかけた時、ふっとカバンの中を見るとなんとしっかりカメラが顔をだしている。大騒ぎしてしまい店員さんには申し訳なく深くお詫びして食事中の客の視線を背に感じながら店を後にする。
こんな簡単な忘れ物に気づかないとはつくづく年を感ずる出来事だった。


中華街

気持ちを取り直して最後の観光に向かう。
オランダ坂から中華街、そして出島に行く。


ミニ出島

出島から文明堂本店に寄りお目当てのカステラを買う。


カステラ/文明堂


カステラ/福砂屋


文明堂と福砂屋両本店でお土産にカステラを買い帰って味比べする。
我が家の結果は福砂屋の勝ちだった。



眼鏡橋から浜の町〜思案橋と歩き、ガイドブックで見た”桃太呂”という店でぶたまんを買い、福砂屋本店で文明堂と味比べする為のカステラを買う。


ぶたまん桃太呂でお土産を買う。

路面電車に乗って諏訪神社に戻る。車で平和公園に寄りお参りする。
Menu

HOME

旅紀行(海外)

旅紀行(国内)

旅紀行(札所)

温泉紀行

日曜名画座

Retirement

Hit-Parade

 Archive

Mami

Site.Map
平和公園

平和公園から長崎空港へ。
長崎空港

車を返し19:40分の飛行機で帰京。
家に10時過ぎに帰るとマミが狂気の出迎え、娘といてもやはり寂しかったのかこんなに激しく喜ぶ姿は人間には無く犬は本当に一途で可愛い。

海外紀行 日本紀行  札所紀行 温泉紀行 日曜名画座 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI Archives PROFILE SITE-MAP
HOME
HOME Ken & Merry's Second Life

NO-SIDE  It aims at a happy retirement E-mail: no-side@no-side.us
Copyright c1998-2007 Ken&Merry. All rights reserved.