九州周遊
 2006年12月8日〜12月21日
           Ken & Mary's Second Life

宿泊地 博多出発 平戸 嬉野 柳川 湯布院 山川 高千穂 |玉名 天草 鹿児島 指宿 霧島 宮崎
訪問県 福岡 長崎 佐賀 福岡 大分 熊本 宮崎 熊本 熊本 鹿児島 鹿児島 宮崎 宮崎


Menu
出発
   博多
   平戸
   嬉野
   柳川
   湯布院
   山川
   高千穂
   玉名
   天草
   鹿児島
   指宿
   霧島
   宮崎
日本再発見 九州周遊の旅。
日程は2週間
羽田から飛行機で北九州空港に入り、レンタカーで上からジグザグに南下して福岡〜長崎〜佐賀〜又福岡〜大分〜宮崎〜熊本〜鹿児島と移動しながら名所旧跡温泉を回り、宮崎空港から帰京する旅程。
宿はなるべく温泉にして、各地で歴史に触れられる旅にする。
地域情報を調べ知るにつれ、九州が日本の歴史に関わった事柄や人物の多彩さを実感する。大陸や欧米の文化の洗礼をいち早く受け、そこから始まった日本の歴史は九州から始まったといっても過言ではない。

HOME
Ken&Mary'sSecond Life
九州周遊TOP
日程表⇒


日南・鵜戸神宮


佐賀・吉野ヶ里遺跡


北九州空港からレンタカーで
九州/7県 宮崎空港まで
2週間で回る。
       
Menu
出発
  博多
  平戸
  嬉野
  柳川
  湯布院
  山川
  高千穂
  玉名
  天草
  鹿児島
  指宿
  霧島
  宮崎
  2006年12月8日〜21日 九州一周旅行日程
飛行機 レンタカー
各ページへ
1 12月 8日 羽田空港9:15〜11:05北九州空港 :JAL1821便 レンタカー利用
北九州空港〜門司〜関門海峡〜下関〜大宰府天満宮〜博多(泊)
2 12月 9日 博多〜唐津〜虹ノ松原〜呼子〜七つ釜〜伊万里〜平戸(泊)          
3 12月10日 平戸市内観光〜佐世保〜有田(柿右衛門釜等見学)〜嬉野(泊)   
4 12月11日 嬉野〜吉野ヶ里遺跡〜柳川(市内観光・どんこ船)泊      
5 12月12日 柳川〜別府市内観光〜湯布院観光(泊)    
6 12月13日 湯布院〜九重(日本一つり橋)〜黒川温泉〜山川温泉(泊)
7 12月14日 山川温泉〜竹田岡城跡〜高千穂(天岩戸・真名井の滝)夜神楽見物(泊)
8 12月15日 高千穂〜阿蘇草千里〜熊本城〜雲巌禅寺〜田原坂〜玉名温泉(泊)
9 12月16日 玉名温泉〜天巌山公園〜天草殉教公園〜天草切支丹館〜本渡(本渡泊)
10 12月17日 天草・本渡〜牛深港長島・蔵之元港〜鹿児島維新ふるさと館(鹿児島泊)
11 12月18日 鹿児島港桜島〜根占港山川港〜長崎鼻〜砂蒸し風呂〜指宿(泊)
12 12月19日 指宿〜知覧〜霧島神宮〜霧島温泉(泊)
13 12月20日 霧島温泉〜宮崎神宮〜宮崎シーガイア(泊)
14 12月21日 宮崎〜青島鬼の洗濯岩・青島神社〜鵜戸神宮〜飫肥城跡〜
油津天福球場(広島カープ合宿地)宮崎空港19:05〜20:35羽田空港

PageTop


HOME
Ken&Merry's
Second Life




日本一周最初の九州周遊旅行は、JR+バス+徒歩で計画するが不便な地域を回るにはやむなく車使用、レンタカーでの移動になる。
しかしじっくりローカルの風に触れるのには電車・バス・徒歩がいい、車にはその地の香りが伝わってこない。
山陰・山陽・四国・関西・北陸・関東・東北・北海道へ進んでいく日本再発見旅は車無しでどこまで回れるか。



PageTop


NEXT























福岡
九州周遊
 2006年12月8日〜12月21日
           Ken & Mary's Second Life

宿泊地 博多出発 平戸 嬉野 柳川 湯布院 山川 高千穂 |玉名 天草 鹿児島 指宿 霧島 宮崎
訪問県 福岡 長崎 佐賀 福岡 大分 熊本 宮崎 熊本 熊本 鹿児島 鹿児島 宮崎 宮崎




2006.12.8 1日目
羽田空港
北九州空港
下関
門司
大宰府
博多


 レンタカーで移動

北九州空港〜めかりパーキングエリア
九州周遊
TOP
日程表


HOME
Ken&Mary's
Second Life








 出発
  博多
  平戸
  嬉野
  柳川
  湯布院
  山川
  高千穂
  玉名
  天草
  鹿児島
  指宿
  霧島
  宮崎
旅行1日目は東京品川羽田7:52着。
旅行は出発地で搭乗までの時間がを過ごすのが一番楽しい。
8:40JALカウンターでチェックイン。 
羽田9:15発JAL1821便 北九州空港11:05着
到着ロビー前のマツダレンタカーカウンターへ。
霧島や高千穂・阿蘇など山岳ドライブが多く降雪情報もありタイヤチェーンを予約していた。
しかし用意されているべきタイヤチェーンが空港営業所に届いていなく「至急小倉営業所から届けさせ用意いたしますので1時間程お待ちください」丁寧にお詫びされる。
待つのも時間の無駄と考え門司に向う途中マツダの小倉営業所に寄って受け取る事にし出発する。
14日間お世話になる車は新車同然走行距離も数百キロで気もちいい。

門司港駅:門松が飾られていた。
駅としては唯一国の重要文化財


お昼過ぎ小倉営業所に着きチェーンを受け取る。
すでに連絡が入っていて予約のミスを心から申し訳なさそうに詫びられる社員の方々の気持ちが充分伝わりミスも帳消しである。
予定では、〔門司〜関門海峡人道トンネル〜下関〜フェリーで門司〕に戻るとしていたが、どう勘違いしたのか、カーナビ設定を下関にしてしまい門司を通りすぎ下関へ向かってしまう。
高速道路入ってから気づいたが引き返す事も出来ないのでそのまま下関へむかう。
海峡人道トンネルを歩いて渡るプランも消滅、残念。
タイヤチェーンの事といい初日からついていない。
関門橋手前の「めかりパーキングエリア」に駐車、雄大な関門橋・関門海峡を眺める。
本州・九州の架け橋、何か特別なものを感ずる。
1185年平家滅亡の壇ノ浦の戦いがあり、沖には武蔵・小次郎の巌流島(舟島)があり、1895年(明治28年)日清戦争・下関条約などあった場所。
橋を渡り下関市内を走り唐戸市場へ。
市場2階で名物の回転寿司を食べる、大トロ・関アジ・ふくの白子など下関ならではの種、新鮮で美味しい。


PageTop

唐戸市場回転寿司大トロ・ふぐ白子

唐戸市場前から関門橋

本州(下関)から今度は橋でなく関門トンネルをこぐり門司へ戻る。
門司レトロでは、JR門司港駅〜旧門司三井倶楽部〜旧大阪商船〜門司港ホテル前から跳ね橋を渡り〜旧門司税関など旧のつく建物跡を見学。
車に戻り門司から高速道路で大宰府天満宮へ。
14:00着。駐車してお参りする。
『東風吹かばにおいおこせよ梅の花あるじなしとて春なわすれそ』
903年亡くなった菅原道真公の墓上に社殿を造営、その霊を祀る神社で「学問の神」として知られている。



博多・八百治ホテル




博多温泉
温泉利用形態 天然温泉 加温・循環ろ過式
浴槽 温泉浴槽男女各2(大浴槽・中浴槽) 水風呂男女各1(小浴槽)
泉質 カルシウム・ナトリウム−塩化物泉(中性高張性低温泉)
浴用の適応症 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、うちみ、くじき、慢性消化器病、冷え性、疲労回復、健康増進
営業時間
【午前】6:30〜9:30 (最終受付 9:00) 【午後】12:00〜24:00
温泉小旅HOME⇒
Menu
出発
  博多
  平戸
  嬉野
  柳川
  湯布院
  山川
  高千穂
  玉名
  天草
  鹿児島
  指宿
  霧島
  宮崎

大宰府から博多市内へ入る道路は夕方の渋滞がひどかった。
18:30やっと八百治ホテル到着チェックイン。
ビジネスホテルだが博多唯一の天然温泉をうたっているホテル。
夕食は博多の屋台でと街に出る。
夕方の帰宅時間にもかかわらず歩道の人々の歩くスピードがなんとゆっくりのこと、自分たちはいつもこんなに急いで歩いていたかと思う程、これが普通の速度だと歩速を落とす。
JR博多駅〜中洲・屋台〜天神方面散策。
中州の屋台で夕食のつもりが何故か入る気が起きない、中州の街中に戻りそこで長浜ラーメンを探し食べる。



長浜ラーメン
博多の街を散策のあとホテルに戻り博多で唯一の天然温泉というホテル自慢の大浴場へ、1階の浴場入口でロッカーの鍵を受け取り中へ。
町の銭湯といった風情で宿泊客や地元の入浴客で満員。 "温泉は落ち着いて静かに入りたい派"としては少し違和感があったが、郷に入っては号に従い、博多市内唯一の温泉を味わう。

部屋は12階博多の夜景を見ながら明日の予定をチェックする。
明日は早起きして唐津〜呼子〜平戸へ。




PageTop

BACK

NEXT























博多〜唐津〜呼子〜平戸
九州周遊
 2006年12月8日〜12月21日
           Ken & Mary's Second Life

宿泊地 博多出発 平戸 嬉野 柳川 湯布院 山川 高千穂 |玉名 天草 鹿児島 指宿 霧島 宮崎
訪問県 福岡 長崎 佐賀 福岡 大分 熊本 宮崎 熊本 熊本 鹿児島 鹿児島 宮崎 宮崎


2006.12.9
2日目
博多
都市高速道
虹ノ松原
唐津城
平戸大橋
平戸
梅やしき偕楽園


 レンタカーで移動

唐津城12月の紅葉

6:00起床 恒例のラジオ体操をする。
8:00博多八百治ホテルチェックアウト 都市高速道に乗り左にヤフードームなど見ながら一路唐津へ。
国の特別名勝『虹の松原』を抜け9:00唐津城に到着。 
12月というのにまだ紅葉が残る石段を上がり天守閣へ。
唐津湾・虹の松原・高島など素晴らしい眺望。
唐津駅前商店街に寄り、出かける前娘が会社の接待で利用した『新宿ダイナミックキッチン&バー 響』で食べたという川島豆腐店のざる豆腐を買う。
唐津・湊町七つ釜により見学、玄武岩の柱状節理が美しい。海岸に侵食された7つの空洞。
その後『お魚処・玄海』で昼食。
名物『いか活き造り』と活き鯛茶漬けを食べる

玄海・いか活き造り
九州周遊
TOP
日程表


HOME
Ken&Mary's
Second Life


呼子から豊臣秀吉が朝鮮出兵のため築城した名護屋城跡を抜け伊万里へ通過中雨が降り始め通過して平戸へ。
平戸大橋パーキングで小休止。
15:00宿の『梅やしき・偕楽園』到着。
第35代平戸藩主松浦煕(まつうら ひろむ)公の別邸として使用されていた由緒ある場所にある素朴な小旅館。
着替えてお風呂へ。
お風呂は1階奥から一度外へ出て階段を海に向って下った所にある。
旧藩主の別邸があっただけにお風呂からは一面の海で眺めもよくぬるめのいいお湯。

平戸温泉
[ 泉質 ]ナトリウム-炭酸水素塩泉 [ 効能 ]慢性皮膚病/神経痛/肝臓病 [ にごり湯 ]なし[ 温泉形態 ]循環 [ 飲用 ]不可
温泉小旅HOME⇒


Menu
 出発
  博多
  平戸
  嬉野
  柳川
  湯布院
  山川
  高千穂
  玉名
  天草
  鹿児島
  指宿
  霧島
  宮崎





質素な作りの宿だが夕食は板さんの心意気を感ずる新鮮な海の幸料理。夜は窓から遠く対岸の灯りがゆれ、潮騒が心地いい。
PageTop

BACK

NEXT


HOME | 海外紀行 | 日本紀行 | 札所紀行 | 小さな旅・温泉 | RETIREMENT | HIT-PRADE| PET | ARCHIVE | PROFILE | SITE-MAP


Ken & Mary's Second Life