HOME Ken & Mary's Second Life
海外紀行 日本紀行   札所紀行 温泉紀行 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI ARCHIVE PROFILE SITE-MAP
2014年6月8~9日 村岡花子展/湯村温泉
2014年6月8日
京王・仙川
山梨県立文学館
村岡花子展
甲府・湯村温泉
富士屋ホテル



 
 旅紀行(海外)
 旅紀行(国内)
 旅紀行(札所)
 小さな旅・温泉
 '60Hit-Parade
 Mami (pet)
 Archive
 日曜名画座
 リタイアメント
 サイトマップ


村岡花子展入口のグリーンゲイブルズ・赤毛のアン/オブジェ

4月8日京王線・仙川駅でKazuと待合せ。
Kazuの車で甲府市・山梨県立文学館で開催中の連続テレビ小説『花子とアン』のモデル村岡花子展へ。


村岡花子展会場は湯村温泉の近く山梨県立文学館。14:30到着。


県立文学館は甲府市「芸術の森公園」の中。隣接している県立美術館にはミレーの代表作『落穂ひろい-夏』『種をまく人』などミレーの作品が多数所蔵展示されている。


山梨県立文学館は日曜日なので駐車場もいっぱい園内も見学者ですごい盛況でテレビの影響力はすごい。。


甲府市「芸術の森公園」はそこそこにオブジェや彫刻が配置されとてもきれいに整備された素晴らしい公園になっている。


文学館前にパリのロダン美術館庭園を模したであろう錐形の植木。


文学館前の『野山を歩くファン・ゴッホ』像オシップ・ザッキン作 
富士山を背に南アルプスを向いて建っている。本物はゴッホ終焉の地パリ郊外オーヴェル・シュル・オワーズ駅近くのゴッホ公園に設置されている。


入場料は600円・県内宿泊者は480円と良心的。2階が村岡花子展/展示室。


2階展示室。村岡花子の生涯が年代順に整理陳列されている。
村岡花子さん 出典/Wikipedia
山梨県甲府市の安中逸平・てつ夫妻の長女として生まれる。本名は村岡 はな(むらおか はな)、旧姓:安中。クリスチャンである父の希望により、2歳でカナダ・メソジスト派の甲府教会において小林光泰牧師より幼児洗礼を受ける。父の逸平は静岡県の小さな茶商の家に生まれ、茶の行商中にカナダ・メソジスト派教会に出入りするようになり、熱心なクリスチャンとなる。布教の流れで甲府に移り住み、そこで出会ったてつと結婚してその実家に住むようになる。教会での交流で新しい文化の影響を受けた逸平は、利発な長女のはなに過剰なほどの期待をかけた。  常識にとらわれず商売そっちのけで理想を追い求める逸平は、妻の実家や親戚と揉め事が絶えず、はなが5歳の時にしがらみを断って一家で上京し、南品川で葉茶屋を営むようになる。城南尋常小学校に通うはなは、心象風景を短歌で表現し句作をして詠んでは楽しむ幼少期を過ごした。その頃、社会主義活動に加わった逸平は特に教育の機会均等を訴え、娘の才能を伸ばすべく奔走し、1903年(明治36年)、学校創設者との信仰上の繋がりから、10歳のはなを東洋英和女学校に給費生としての編入学を実現させる。一方、家族の生活は困窮しており、8人きょうだいのうち高い教育を受けたのは長女のはなのみで、他の弟妹は次女と三女を残して皆養子や奉公などで家を出されている。はなの入学は、弟妹たちの犠牲の上に成されたものであった。  東洋英和女学校でカナダ人I・S・ブラックモーア宣教師から英語を学ぶ傍ら、大正三美人の1人で後に白蓮事件を起した同級生柳原白蓮の紹介で佐佐木信綱から万葉集など日本の古典文学を学ぶ。この頃からペンネームとして安中 花子を名乗るようになる。同校高等科在学中からアイルランド文学の翻訳家松村みね子(筆名片山廣子、芥川龍之介の晩年の恋人)の勧めで童話を執筆。  1914年に東洋英和女学院高等科を卒業、英語教師として山梨英和女学校に赴任。同年、友人と共に歌集『さくら貝』を刊行。この時期、キリスト教の夏季講座で市川房枝と出会う。1917年から、東京銀座のキリスト教出版社である教文館に女性向け・子供向け雑誌の編集者として勤務。福音印刷合資会社の経営者で既婚者でもあった村岡儆三と出会い、不倫の末、1919年に結婚し、村岡姓となる。1920年に誕生した長男を、1926年に病で失う。このことを機に、英語児童文学の翻訳紹介の道に入る。1927年、片山廣子の勧めにより、マーク・トウェインの"Prince and Pauper"を『王子と乞食』の邦題で翻訳し、平凡社から公刊。1932年から1941年11月まで、JOAKのラジオ番組『子供の時間』の一コーナー『コドモの新聞』に出演、「ラジオのおばさん」として人気を博し、寄席芸人や漫談家に物真似されるほどだった[5]。この頃、翻訳作品を自ら朗読したSPレコードをいくつか発売した。第二次世界大戦中は大政翼賛会後援の大東亜文学者大会に参加するなど、戦争遂行に協力的な姿勢を取った。また、市川房枝の勧めで婦選獲得同盟に加わり、婦人参政権獲得運動に協力(その一方、婚外子への法的差別撤廃には反対した)。その他、文部省嘱託や行政監察委員会委員、女流文学者協会理事、公明選挙連盟理事、家庭文庫研究会会長、キリスト教文化協会婦人部委員などを歴任。1960年、児童文学に対する貢献によって藍綬褒章を受ける。1968年、脳血栓で死去。長男・道雄の病死後、子供に恵まれなかった事から、花子の直系子孫は存在しない。後に、妹・梅子の長女・みどり(1932年生)を養女とする。そのみどりの娘で花子の義理の孫にあたる村岡恵理は赤毛のアン記念館館長を務めている。クリスチャンとしては日本基督教団大森めぐみ教会の会員として、教会に通った。

(モンゴメリと村岡花子)
村岡とモンゴメリとの出会いは、日本を去る宣教師のミス・ショーに手渡された『赤毛のアン』の原書、1908年の冬版であった。この出会いは1939年のことで、村岡は灯火管制のもと翻訳を続けて終戦の頃に訳し終え、1952年に三笠書房から出版された『赤毛のアン』は日本の読者にも広く受け入れられた。村岡はその後、アンシリーズ、エミリーシリーズ、丘の家のジェーン、果樹園のセレナーデ、パットお嬢さんなど、モンゴメリの作品翻訳を次々と手がける。村岡の最後の翻訳作品となった『エミリーの求めるもの』は、彼女の没後、1969年に出版された。山本史郎の『東大の教室で『赤毛のアン』を読む―英文学を遊ぶ9章』(東京大学出版会)は村岡の訳の中に一部が欠落していることの理由を考えた講義である。

(年表)
1893年、山梨県甲府市に生まれ東京に育つ。
1904年、には東洋英和女学校へ編入学。
1914年、に東洋英和女学院高等科を卒業。英語教師として山梨英和女学校に赴任。同年、友人と共に歌集『さくら貝』を刊行。
1917年、から、教文館に女性向け・子供向け雑誌編集者として勤務。
1919年、結婚。
1920年、長男誕生。
1926年、長男を疫痢で喪う。
1927年、マーク・トウェインの"Prince and Pauper"を翻訳し邦題『王子と乞食』として公刊。
1932年、から1942年までJOAK(NHK東京放送センター)のラジオ番組の『コドモの新聞』コーナーに出演、「ラジオのおばさん」で人気を博す。
1939年、宣教師のミス・ショーからモンゴメリの"Anne of Green Gables" を受け取る。
1952年、モンゴメリの"Anne of Green Gables" を翻訳し邦題『赤毛のアン』として公刊。
1952年、日本初の家庭図書館である道雄文庫ライブラリーを自宅に開館。
1960年、児童文学に対する貢献によって藍綬褒章受賞。
1963年、夫を喪う。
1967年、アメリカ合衆国を訪問。
1968年、脳血栓で死去。
著訳書・訳書
炉辺 日本基督教興文協会 1917
モーセが修学せし国 救世軍 1919
王子と乞食 マーク・トウェイン 平凡社 1927
花咲く家 ペリー 教文館 1929
見知らぬ国へ 冒険実話集 クロンク 教育館出版部 1930
パレアナの成長 ポーター 1930 「パレアナの青春」角川文庫
姉は闘ふ パレアナ姉妹篇 ポーター 教文館出版部 1932
ディッケンス物語の子供たち 春陽堂 1933
日本イソップ繪物語 大日本雄辯會講談社 1933
聖書物語 エステル・ルツ 基督教出版 1935
愛情の道 ウイドマー 教文館出版部 1936
喜びの本 ポーター 中央公論社 1939
母の生活 パアル・バック 第一書房 1940
家なき天使 方洙源 那珂書店 1943
巨人岩 ナサニエル・ホーソン 耳野卯三郎絵 羽田書店 1948
奴隷トム物語 ハリエット・ビーチャー・ストウ 湘南書房 1948
薔薇の少女 八人のいとこたち オルコット 新少國民社 1948
炉辺のこほろぎ ディッケンズ 隆文堂 1949 のち新潮文庫
ジェーンへの手紙 シュルツ女史 霞書房 1950-51
べにはこべ オルツィ夫人 英宝社 1950
イエス・キリストの一生 いばらの冠の王さま 教文館 1951
しあわせな王子さま オスカー・ワイルド 日本書房 1951
ジャックと豆の木 潮文閣 1951
あしながおじさん ジーン・ウェブスター あかね書房 1951
王女物語 マリオン・クロフォード ダヴィッド社 1952
フランダースの犬 ウィーダ 日本書房 1952 のち新潮文庫
ふしぎな国のアリス ルイス・キャロル 潮文閣 1952
エレン物語 ワーナー ポプラ社 1952
赤毛のアン L・M・モンゴメリ 三笠書房 1952 新潮文庫 1954
クリスマス・カロル チャールズ・ディケンズ 新潮文庫 1952
母の肖像 パール・バック ダヴィッド社 1952年 のち新潮文庫
ジェーン・アダムスの生涯 ジャッドソン 岩波少年文庫 1953
愛の一家 ザッパー 日本書房 1953
小公女 バーネット夫人 あかね書房 1954
続・赤毛のアン モンゴメリ 三笠書房 1954 「アンの青春」新潮文庫
ピーターという男 妻の描いた夫の肖像 キャスリン・マーシャル 創元社 1954
赤ちゃんはどこからくるの? S.M.グルエンベルグ 中央公論社 1955
秘密の花園 バーネット夫人 ポプラ社 1955
母の曲 プローチ 講談社 1955
愛についての演習 G.D.シュルツ 中央公論社 1955
赤毛のアン 第3 モンゴメリ 三笠書房 1955 「アンの愛情」新潮文庫
ばらとゆびわ サッカレイ 日本書房 1956
エステル物語 新教出版社 1956 (聖書少年文庫)
赤毛のアンの幸福 モンゴメリー 講談社 1956
ナンシー姉さん ケート・ウィギン 秋元書房 1956
第四赤毛のアン モンゴメリ 三笠書房 1956「アンの友達」新潮文庫
栗毛のパレアナ エレナ・ポーター 村岡みどり共訳 秋元書房 1956
水の国の子 キングスレイ 日本書房 1956
きんのりんご 北欧神話 日本書房 1957
小公女 バーネット 日本書房 1957
黄色い猫の秘密 エラリイ・クウィーン 早川書房 1957 のち文庫
第五赤毛のアン モンゴメリ 三笠書房 1957「アンの幸福」新潮文庫
リンバロストの乙女 正続 ジーン・ポーター 秋元書房 1957 のち角川文庫
そばかす ジーン・ポーター 秋元書房 1957
バレー・シューズ ストリートフィールド 講談社 1957
果樹園のセレナーデ モンゴメリイ 新潮社 1957 のち文庫
子じか物語 ローリングス 日本書房 1958
アンの夢みる家 モンゴメリ 三笠書房 1958 「アンの夢の家」新潮文庫
虹の谷のアン モンゴメリイ 新潮社 1958 のち文庫
花ざかりのローズ オルコット 佐川和子共訳 三笠書房 1958 のち新潮文庫
薔薇のロザリンド カスリーン・ノリス 新潮社 1958
アンの楽しい家庭 モンゴメリ 三笠書房 1958 「炉辺荘のアン 」新潮文庫
アンをめぐる人々 モンゴメリ 三笠書房 1958 のち新潮文庫
少女パレアナ エレナ・ポーター 1959
風の中のエミリー モンゴメリ 秋元書房 1959 「可愛いエミリー」
ハックルベリイ・フィンの冒険 マーク・トウェイン 新潮文庫 1959
雨に歌うエミリー モンゴメリ 秋元書房 1959 「エミリーはのぼる」
続・あしながおじさん ウェブスター 角川文庫 1959
神の栄光 オノーレ・モロウ 角川文庫 1959
アンの娘リラ 第十赤毛のアン モンゴメリ 新潮文庫 1959
昔かたぎの少女 オルコット 朋文堂 1959
ハイジの子どもたち トリッテン 朋文堂 1959
ケレー家の人びと ウィギン 朋文堂 1959 のち角川文庫
パットお嬢さん モンゴメリ 朋文堂 1960 のち新潮文庫
丘の家のジェーン モンゴメリ 新潮文庫 1960
聖書物語 ヴァン・ルーン 角川文庫 1960 オルコット少女名作全集 5
いたずらきかんしゃちゅうちゅう リー・バートン 福音館書店 1961
アンディとらいおん ジェームズ・ドーハーティ 福音館書店 1961
叫べ、愛する国よ アラン・ペイトン 聖文社 1962
中共の子供たち マーガレット・ウイリー 自由アジア社 1963
ごきげんならいおん ルイーズ・ファティオ福音館書店 1964
ポーラスものがたり 1-3 ジーン・ダリュー あかね書房 1965
白い子ジカ ヒギンス・プローティ 講談社 1967
こびとのビートルキンの冒険 J.ダリュー あかね書房 1967
世に与えた彼女の手紙 東京メディカル・センター出版部 1968
エミリーの求めるもの モンゴメリー 新潮文庫 1969

(創作)
『紅い薔薇』青蘭社 1926年
お山の雪 青蘭社書房 1928
強い美しい女王の話・優しい孝行なお嫁の話 昭陽堂書店 1928
子供のための善きひつじかひの歌 教文館出版部 1931
村岡花子童話集 金の星社 1938
青イクツ 新潮社 1940 (学年別新選童話集 1年生)
『たんぽぽの目』鶴書房 1941
『桃色の玉子』弘文社 1948
花になった子供星 美和書房 1948
りすのゆめ 二葉書店 1949
きんぎょのおともだち 小峰書店 1952
おばさんのおはなし 金子書房 1952
マリヤさま 聖母ものがたり 日本書房 1958

感心したのは村岡花子が教鞭を取った甲府市の英和中・高等学校は明治22年開校で初代校長はカナダ人ウイントミュート。この明治時代に外国から教育者を招いている先進性に驚きを感じた。


太宰治など山梨関連作家の県内分布図。


山梨県立文学館見学後 湯村温泉・富士屋ホテルへ。
湯村温泉はいまではひなびてきているが、過去 太宰治、井伏鱒二、松本清張、山口瞳、田山花袋、飯田蛇笏、竹中英太郎、など多くの文人も逗留した山梨が誇る歴史ある名湯だ。
2014年6月8日
山梨県立文学館
村岡花子展
甲府・湯村温泉
富士屋ホテル
湯村温泉街はいまではひなびてきているが、過去 太宰治、井伏鱒二、松本清張、山口瞳、田山花袋、飯田蛇笏、竹中英太郎、など多くの文人も逗留した山梨が誇る歴史ある名湯。


湯村温泉/富士屋ホテルにチェックイン。
富士屋は駐車場からフロントまで長い廊下を歩く。通路脇の大広間には結婚式があるのかきれいにセットアップがされている。


部屋から東南の山麓上に富士山が雲の中霞んで見える。


富士屋はJTBで予約。
チェックインの際『アップグレードさせていただきました』と案内された部屋は最上階で(12F)12畳x10畳x居間付き。こんなに広い部屋は初めての経験。3人では広すぎてもったいない。


部屋の窓から富士山が遠く雲の合間から顔を覗かせている。
天気だったら裾野まで綺麗に見えるだろうが残念。


18時から夕食は13階の鉄板焼きレストラン『KEYAKI』。
menu ◇冷製前菜  ◇温製前菜  ◇シーフード鉄板焼き ◇お口直し 
◇サーロインの鉄板焼(150g)またはテンダーロインの鉄板焼(100g)
◇野菜の鉄板焼   ◇お味噌汁  ◇香の物  ◇デザート

13階レストラン『KEYAKI』


『KEYAKI』前菜


『KEYAKI』テンダーロインステーキ

 
 旅紀行(海外)
 旅紀行(国内)
 旅紀行(札所)
 小さな旅・温泉
 '60Hit-Parade
 Mami (pet)
 Archive
 日曜名画座
 リタイアメント
 サイトマップ

『KEYAKI』牛肉ひつまぶし


デザートは隣室。


『KEYAKI』デザート・ショコラ


ホテルだが富士屋のお風呂は天然温泉。


12階1203号室。3人では無駄に広すぎる。


ただ窓も部屋の広さに比例して大きく甲府の夜景が窓いっぱいに綺麗。



2014年6月9日
富士屋ホテル
身延町/切石
富士川町/鰍沢
三鷹駅

朝食は3階レストランで。
焼きたてオムレツと、地元のほうとうはさすがに美味しかった。


みんな朝からすごい食欲。


10:00富士屋ホテルチェックアウト。お墓まいりへ。


柳川寺

6月9日。2月の兄の3回忌は記録的な大雪で欠席していたので今日お参りする。

 善妙寺
バスは一日5本

富士川町鰍沢『うなぎ国本屋』


うなぎ特上・2550円

きざみうな丼・1230円

富士川町鰍沢松月堂『やまが焼き』はみんなの大好物。お土産に買う。

HOME

旅紀行(海外)

旅紀行(国内)

旅紀行(札所)

温泉紀行

日曜名画座

Retirement

Hit-Parade

 Archive

Mami

Site.Map

中央高速で約2時間弱で18:00三鷹駅前着。Kazuと別れ電車で帰宅。

海外紀行 日本紀行   札所紀行 温泉紀行 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI ARCHIVE PROFILE SITE-MAP



HOME Ken & Merry's Second Life

NO-SIDE  It aims at a happy retirement E-mail: no-side@no-side.us
Copyright c1998-2007 Ken&Mary. All rights reserved.