セカンドライフ シニアの旅 団塊世代KenとMaryのNO-SIDE 
海外紀行 日本紀行  札所紀行 温泉紀行 日曜名画座 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI Archives PROFILE SITE-MAP
HOME

日本温泉・札所小さな旅 ⇒TOP
Ken&Mary'sリタイア後の札所・温泉・日本再発見旅
2009年7月27日〜29日
スパリゾートハワイアンズ
      
NO-SIDEホームへ
HOME
7月27日 新宿都庁横(守谷S・A中郷S・A・2回休憩)福島県いわき市/スパリゾートハワイアンズ
7月29日 スパリゾートハワイアンズ東京駅日本橋口
2009.7.27(月)
新宿都庁横
守谷S・A
中郷S・A
ハワイアン
センター


K&MSecond Life
スパリゾートハワイアンズ』は1960年代石炭の需要減にともない事業縮小に直面した常磐炭鉱に働く人々の新事業誕生までの苦悩を描いた名作≪フラガール≫の舞台。
『ハワイはバスで行けるんだよ』とよし君の言葉通り、夏休み2度目のじじ・ばば(K&M)との旅行はバスで行ける”ハワイ”へ。

東京都庁第二庁舎横に9:00に待ち合わせてハワイアンズの送迎バスに乗り、首都高から都内を抜け常磐自動車道に入り途中2ヶ所のサービスエリアで休憩しながら12:30頃茨城県いわき市『ハワイアンズ』に到着する。

ハワイアンズは昔『常磐ハワイアンセンター』といっていたのだが行く前に映画フラガール(アカデミー賞受賞作品)を見て感動していたので 今はどんなだろうと とても興味深かった。


乗客全員順番にチェックイン、待つ間、ヨシ君とユミは水中メガネを探しに売店に行きなかなか帰ってこない。その内に全員のチェックイン手続きが終わり、係員が誘導して各部屋に案内する為一緒に来た乗客を集合させているのだが二人は帰ってくる気配が無い。しょうがなく先に行ってもらい下の売店に探しに行くが見つからない。フロントで到着早々迷子のアナウンスをしてもらう。しばらく待ってやっと水中メガにを手にして二人が戻ってくる。勝手な行動はだめとお小言を二人にして部屋のVIR Port(ウイルポート)に向かう。


ウィルポート407号室

大ドームの館内に入るとそこは湿度90%以上ではないだろうかとにかく蒸し暑い、左右にプールをみながら部屋のあるウイルポーフロントへ着き利用案内を聞き407号室へ、4階の一番奥の部屋だった。
何十年ぶりの水着に着替えてみんなでウォーターパークに行く。


二人は興奮してどこから入ろうかと思案している。
最初は一緒に流れるプールに入る。子供も大人も入り混じり芋を洗うような中で流れに身を任せて二人の後ろを付いていく。ウォータースライダーはまだ無理そうで下の小さなスライダーに夢中になって何度も何度もすべって降りて又うえに上がって繰り返していのを下から座って見ていた。
きりがないので監視員も沢山いて心配なさそうなので二人をプールに残してMと場内の温泉に行く。温泉もいくつかある中で最初はスプリングパーク大浴場に入る。ここは檜風呂、寝湯、打たせ湯、露天風呂、ジャグジーなど多様なお風呂があり子供も少なく静かに入浴できた。


ハワイアンズ・ホテル案内写真

ゆっくりお風呂の入って又プールに戻り二人をみつけて屋上の温泉プール・パレオに行く。お風呂もあって下の喧騒が嘘のように静か。6:00近くなって部屋に戻り用意されているアロハに着替えて夕食のレストランへ。
ビュッフェスタイルで料理の内容は今ひとつだったがはしゃぐ孫との夕食は昔子供と食事した時の感触が戻り懐かしかった。
二人が特に楽しそうだったのは、自分で作る屋台の わた飴機でいつも行列していた。わた飴機にざらめ(砂糖)を入れ割り箸を回しながら吸い取っていくのだが慣れないとなかなか上手くまとまらない。二人も2度目3度目と慣れると段々上手く形が出来るようになり食事はそこそこにそればっかりしていた。

ハワインズホームページより
いわき湯本の温泉は、「三函(さはこ)の湯」と称され、平安時代「延喜式神名帳」に記載のある温泉で、有馬温泉、道後温泉と並ぶ日本三古泉とも称されています。無尽蔵と言われるこの歴史ある温泉を、ホテルの客室から各テーマパークのプールにいたるまで、全館に渡って使用しています
≪泉質≫
硫黄泉(含硫黄・ナトリウム・塩化物・硫酸塩泉)
硫黄泉の特徴:全身の循環・代謝をよくし、生活習慣病の「糖尿病」や「高血圧」に有効に働き抹消血管拡張作用により動脈硬化を予防します。
更には、肌の角質を柔らかくし「皮膚の新陳代謝」を促進したり、しみやそばかすの原因となる色素沈着を抑え、たるみの原因となる不必要な脂肪分を取り除き「肌の引き締め」作用など美肌づくりに有効です。
≪適応症≫
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、
うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、
疲労回復、健康増進。
≪湯温≫
58.8℃(高温泉)
≪湯量≫
毎分3 t(当施設使用量・一施設使用量国内最大規模)
≪水素イオン濃度≫
pH8.0(弱アルカリ性泉)
温泉小旅HOME⇒

夕食後ハワイアンズ一番の見所『フラガール・ポリネシアンショー』があるので早めに行き前の席を確保する。開演前にはほぼ満席で20:20分映画で見た通りのフラガールが登場ショーが始った。入れ替わり立ち代り衣装を替えてのフラダンスのショーは見ごたえがありこれだけ見に来てもいいくらいだった。


ショーを見終わって部屋に戻り今度は江戸情話・与市という大露天風呂のある和風の大浴場に行く。
Mとゆみは女湯へよしクンと大露天風呂に入る。満点の星空を眺めながら露天風呂はとても気持ちよかった。

2009.7.28(火)
ハワイアン
センター
東京駅日本橋口


K&MSecond Life
朝食は昨夜のレストランでやはりビュッフェ。夕食と同じで内容がいまひとつだ。よしクンとゆみは又水着に着替えて11:30のチェックアウトまでプールへ。
Maryと二人で温泉に入り部屋で帰り支度をして11時を過ぎても帰ってこないので探しに行くがなにせすごい人でとても見つからない、あきらめてぎりぎりまで部屋で待つがとうとう11:30過ぎても戻らない。荷物をまとめてフロントでチェックアウトしてソファで待っているとお昼近くなってやっと戻ってくる。


まだまだ遊んでいたい様子だが急いでそこで水着を着替えさせる。バスの時間まで間があるので与市でおそばを食べ廊下の縁台でトランプして時間をつぶし、バス乗り場へ。

売店でお昼のパンを買って帰りの東京駅行きのバスに乗る。孫と楽しいく忙しい二日だったがとても疲れた。


HOME | 海外紀行 | 日本紀行 | 札所紀行 | 小さな旅・温泉 | RETIREMENT | HIT-PRADE| PET | ARCHIVE | PROFILE | SITE-MAP



HOME Ken & Merry's Second Life

NO-SIDE  It aims at a happy retirement E-mail: no-side@no-side.us
Copyright c1998-2007 Ken&Merry. All rights reserved.