セカンドライフ シニアの旅 団塊世代KenとMaryのNO-SIDE 
海外紀行 日本紀行  札所紀行 温泉 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI Archives PROFILE SITE-MAP
HOME

日本温泉・札所小さな旅 ⇒TOP
Ken&Mary'sリタイア後の札所・温泉・日本再発見旅

NO-SIDEホームへ
HOME
2008年7月28日〜30日
万座温泉
飛行機 列車・電車 バス・タクシー 徒歩 宿
7月28日 東京関越自動車道〜軽井沢〜草津〜万座鹿沢口万座温泉ホテル日進館
7月29日 万座温泉ホテル日進館
7月30日 万座温泉東京
2008.7.28(月)
東京
万座温泉

K&MSecond Life

新木場駅で待合せ


ユミの希望でじじ・ばばと3人で初めての温泉旅行。
アトピー性皮膚炎に悩んでいるユミに少しでも効果があると考えて万座温泉に2泊3日で行く。新木場駅で待ち合わせしてユミを受取り、有楽町の国際フォーラムから歩いて5分くらい八重洲富士屋ホテル前のバス発着所になっている鍛冶橋駐車場へ。AM8:00着。
数人の同行者と見られる人達と一緒に待っていると、間もなく万座温泉行きのバスが入ってきて係りの人の案内で乗車する。
席は決まっていたが定員の半分くらいのすきすきで自由に変えられた。


8:30分バスターミナルを出発して首都高速から関越自動車道に入り途中で2回ドライブインで休憩する。
軽井沢〜万座鹿沢口経由で万座温泉ホテルには13:30分に到着。


途中でユミが車酔いしはじめて心配しながらだったがなんとか無事着く。
玄関で出迎えを受けて直ぐ順番に予約した各部屋に案内される。



今日は格安プランで来ているので湯治棟などのあるこじんまりした部屋だった。ユミのアトピー性皮膚炎が少しでも改善しないかと特に悪い箇所の写真を撮っておく。二日ばかりなので余り期待は出来ないが少しでも変化があればと思う。

温泉小旅 HOME⇒
万座温泉ホテルの温泉

☆★ 万座の温泉は五ツ星のオンリーワン ★☆
癒し・・・奇跡的効能
にごり湯・・・乳白濁色
自然湧出・・・地表から湧き出ています
かけ流し・・・循環ではありません
高温・・・源泉は約80℃です
 
万座温泉・日進館には9種類の天然温泉風呂を用意。
世界一の良泉質を誇る温泉…。
標高1800mの自然豊かな国立公園内に位置する万座温泉は、
一日の湧出量540万リットルを誇り、酸性硫黄泉80度の高温と27種類の泉質が万病に効果を表します。
 特に 糖尿病、胃腸病、神経痛、膠原病、リュウマチ、心臓病、自律神経失調症、関節炎、腰痛、アトピー性皮膚炎、婦人病、貧血、便秘、ゼンソク には驚くほどの効きめがあり、湯治のお客様も大勢です。

■療養泉分類の泉質に基づく禁忌症、適応症等は以下のとおりです。
◎浴用の禁忌症… 急性疾患(特に熱のある場合)、活動性の結核、悪性腫瘍、重い心臓病、呼吸不全、腎不全、出血性疾患、高度の貧血その他一般的に病勢進行性の疾患、妊娠中(特に初期と末期)、皮膚・粘膜の過敏な人(特に光線過敏症、高齢者の皮膚乾燥症)
◎浴用の適応症… 神経痛、筋肉痛、関節痛、糖尿病、五十肩運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康増進、動脈硬化症、慢性皮膚症、切り傷、やけど、自律神経失調症、心臓病、膠原病、リュウマチ、ゼンソク、アトピー性皮膚炎、肝臓疾患、婦人病、脳病、便秘


































万座温泉ホテル
九種の湯
@大浴場『長寿の湯』 
A展望露天風呂『極楽湯』

下写真上から
B姥湯/C姥苦湯とDさゝ湯
E苦湯/.F滝湯と.G真湯
H万天の湯


素朴で何もない部屋だがお風呂が一番の目的だから充分だ。
持参したおむすびやおやつをひろげて少し遅いお昼ご飯にする。



少し休んだあと浴衣に着替えてお風呂めぐりに館内へ。
まず大浴場から入る。ユミとMと入口で別れる。
大浴場は姥湯 姥苦湯・さゝ湯  苦湯  滝湯・真湯と違う湯船が並びなかなか泉質はよさそうだ。
小ぶりな露天風呂に浸かると、下の道をむこうからタオルを手にしてぞろぞろ浴衣で歩いてくる人が見える。ホテルで一番人気の展望露天風呂に入って帰る人達だ。


展望露天風呂へ

展望露天風呂『極楽湯』

次はロビーを抜けてエレベーターで6階に上がり客室の先にある『万天の湯』に行く。
ヒノキ造りの大きな内風呂で窓から山々を眺めながら気持ちいい。
名前からすると夜は満天の星空が見えるのだろうか、夜になってから又こようと思う。


少し昼寝してから外の展望露天風呂『極楽湯』に行く。
宿一番の自慢のお風呂だけに周りの山々と大空がだけの雄大な景色の中にあるお風呂だ。
冬は真っ白な中に湯煙上げて入るようだが壮観だろうなと思う。
このお風呂に入っている人はみんな同じように無言で雄大な景色に見入っている。


展望露天風呂『極楽湯』入口

部屋に帰るとお風呂巡りをしてユミとMも帰っていた。
『極楽湯』に二人は又出かけていった。
しばらくして二人が帰ってきて、ユミの希望で夕食jまでの時間トランプをする。


名物御膳
『まごはやさしい』料理
温泉旅行のお楽しみといえば、宿の料理も外せないもの。これまでの温泉お決まりの“ご馳走”には高カロリーなものもあり「これをお客様に提供することがいいのかどうか」と悩んだという女将。そこで考えられたのが万座温泉ホテル自慢の「まごわやさしい」料理。
「ま」は豆、「ご」はゴマ、「わ」はワカメや海草類、「や」は野菜、「さ」は魚、「し」はシイタケ・キノコ類、「い」は芋と頭文字をとって名づけられた。
地元・嬬恋村で有名な高原キャベツを始めとする新鮮な野菜、良質なたんぱく質やミネラルなどもバランスよくおいしく味わえるのが特徴。
温泉の効能がさらに増すように、血液がサラサラになるようにとの心配りもうれしい御膳。
例えばある日の夕食では、有機大豆の湯葉豆腐ゴマ・トンブリトッピングの豆乳かけ、ニジマス稚魚の焼き物、紅白刺身こんにゃく、嬬恋キャベツの牛肉まき、たけの子そうめん、黒米・雑穀おこわ、餡入りれんこん饅頭サクラもち風などなど盛りだくさん。夕食では基本として3パターンが用意されており、ゆったりと3連泊するお客様にも対応している。毎日違ったメニューが楽しめ、しかもヘルシーで体にやさしい。名湯はもちろんのこと、いまやそのお湯に勝るとも劣らない万座温泉ホテルの名物となっている。


夕食は1階の大食堂でビュッフェスタイルの宿の名物「まごわやさしい」料理。名前のとおり健康的な料理が並び湯治宿の名残が料理にも出ていると思った。美味しさや目新しさを考える宿が多い最近の料理と食べ比べるとやや物足りない感じはする。


健康的な夕食でお腹一杯になったあとレストランを出るとロビーではショーの準備が始っていてそれを目当てにする常連さんも多いらしく早くもいい席を確保していた。ショーは、ほとんどプロ歌手といえる宿のご主人が中心になっての歌とトークショーだった。ショーが始るとロビーは浴衣姿の宿泊客でいっぱいになりなかなか盛況。

一時間ほどでショーが終わると、抽選会が始まりいろいろな景品が用意されていてチェックインの際渡された券の番号で次々に呼ばれていった。そして最後に一番の商品・無料宿泊券が発表される。
見事当選だ!
ユミを促すと勇んで舞台に上がり宿のご主人から宿泊券を受取り「お父さんお母さんと又これるね」と言われ嬉しそうにうなづいていた。
記念写真をとっていい思い出を作ってもらい部屋に戻る。
疲れたのかみんな直ぐに眠りに着く。


どの位寝たのだろうか、川の字になって寝ていた真ん中のユミの様子が変だ。突然ユミが布団の中に吐いてしまう。深夜2時か3時頃だったろうか何がなんだかわからない事態で、大急ぎでタオルを何度も洗って布団を拭いて後始末が大変だった。
そんなあと始末のさなかなに隣のきれいな布団に移っていびきをかいて寝ている 。そんな神経の太さに腹が立つやら感心するやら。
深夜に後始末をしたあと朝まで待ってフロントに事情を話すと快く新しい布団に変えてくれ親切な対応でありがたかった。


2008.7.29(火)
万座温泉


K&MSecond Life
NO-SIDEホームへ
HOME

昨夜の騒動など全く無かったかのようにユミは爽やかな顔して起きて朝食に行く。
朝ごはんもやはり「まごわやさしい」内容だ。
フロントに寄って汚れた布団の処理してもらったことのお礼を言う。


朝食後は お風呂に入る前にハイキングに行く事にする。
ハイキングといってもホテルを出ればそこがもう山なので直ぐに山道から一番上を目指して歩く。気温は20℃くらいで空気も澄んで本当に気持ちいい。宿を出るとハイキングコースがありそれにそって歩く。




薬師堂から万座温泉象徴の山・熊四郎山の参道を登る。

弥生式土器出土の岩窟には大山祇神と稲荷様が一体となった稲綱宮がある。

稲綱宮

展望台へ

展望台がから見るすり鉢状の奥万座川渓谷と万座温泉、四阿山の眺めは素晴らしい。


上から見下ろすと万座温泉は盆地のような形状になっている。


ゆっくり周囲をひと回りして帰りは朝日山ゲレンデスキー場を通ってホテルに戻る。






ハイキングのあとはお風呂〜休憩〜お風呂〜休憩と繰り返し。
夕食までピンポンする。
6時から一階レストランで夕食。


まごわやさしい について
「豆」
豆類のことですが、納豆、ピーナッツ、豆腐、味噌など。良質なタンパク質源で特に大豆イソフラボンが、更年期障害・骨粗鬆症・がん・美容に効果があるといわれています。
「ごま」
天然のサプリメントとも呼ばれ、ポリフェノール、βーカロチン、ビタミンCなどの抗酸化物質が含まれおり、さまざまな生活習慣病や老化の原因といわれている活性酸素を取り除く働きをもちます。小じわを防いで、つややかな肌をたもつ効果があります。   

「わかめ」
わかめや昆布などの海藻類を指しますが、カルシウム・マグネシウム・鉄・ヨウ素・亜鉛・鉄などミネラルがたっぷりの健康食で、ミネラルの補給にも最適です。また、育ち盛りの子供は骨や歯を丈夫にします。食物繊維は野菜、果物よりも多く、コレステロールを正常に保つ作用があります。

「野菜」
種類が多いですが、お勧めは緑黄色野菜です。緑黄色野菜というのは新鮮な野菜100g中にベータカロチンを600μg 以上含んでいるもの。(野菜の色で分類しているではありませんよ)ベータカロチンたっぷりの野菜:トマト、にんじん、ほうれん草、小松菜、かぼちゃ、ピーマン、ブロッコリ、しそ、パセリなどがあげられますが、現在56種類もあるという。ベータカロチンには、体内の「活性酸素」を減少させる効果があり、がん、心臓病、脳卒中などの成人病は、殆どがこの活性酸素が原因だと言われています。
「魚」
特に小魚がお薦め。小魚はカルシウムの宝庫です。カルシウムが不足すると、骨や歯がもろくなるだけでなく、いろいろな症状を引き起こし、イライラしたり怒りっぽくなるのもそのひとつです。 

「しいたけ」
きのこ類のことです。食物繊維、ビタミンB群、ビタミンD2、ミネラルなどの栄養素を豊富に含んだ低カロリー食品といえます。便秘、生活習慣病を予防する効果があります。
「いも」
じゃがいも、さつまいも、里芋、山芋など。でんぷん、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富です。
出典:ボケないための栄養ナビ

今夜も「まごわやさしい」料理でロビーでは昨夜と同じショーがあったが今夜の抽選は外れだった。

2008.7.30(水)
万座温泉
東京


K&MSecond Life


朝もまごやさしい料理

朝ごはんを食べて後最後のお風呂に入りに行き10:30チェックアウト。
帰りのバスは午後3時出発で。それまで大広間が提供される。




外にでて散歩したり、ウサギと遊んだり、大広間でトランプをしながら待つ。お昼はレストランでカレーやうどん、牛丼が800円食べ放題、お腹一杯食べて又大広間でトランプする。
やっと3時になると館内放送があって玄関へ。帰りはユミに酔い止めを半錠飲ませる。宿の人に送られバスで帰路に着く。


帰ってからアトピーについて電話して聞いてみたが、あまり変化ない様子で二日では無理なのだろう。
でも又機会があったら連れて行ってやろうと思う。

『まごわやさしい』は料理だけでなく本当にそう思う旅行だった。


HOME | 海外紀行 | 日本紀行 | 札所紀行 | 小さな旅・温泉 | RETIREMENT | HIT-PRADE| PET | ARCHIVE | PROFILE | SITE-MAP



HOME Ken & Merry's Second Life

NO-SIDE  It aims at a happy retirement E-mail: no-side@no-side.us
Copyright c1998-2007 Ken&Merry. All rights reserved.