セカンドライフ シニアの旅 団塊世代KenとMaryのNO-SIDE 
海外紀行 日本紀行  札所紀行 温泉 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI Archives PROFILE SITE-MAP
HOME

日本温泉・札所小さな旅 ⇒TOP
Ken&Mary'sリタイア後の札所・温泉・日本再発見旅

NO-SIDEホームへ
HOME
2008年8月3日〜5日
山梨・西山温泉
飛行機 列車・電車 バス・タクシー 徒歩 宿
8月3日 八王子・上川霊園〜甲府・武田神社〜西山温泉慶雲館
8月4日 終日 西山温泉慶雲館
8月5日 西山温泉〜
2008.8.3(日)
八王子
中央高速
甲府
西山温泉


K&MSecond Life
2008年8月3日
終の棲家のチェックと山梨・西山温泉へ。
中央高速道路八王子JCで圏央道に入り八王子西ICをおりて約10分、上川霊園へ到着する。
⇒終の棲家


上川霊園入口

石材業者に依頼した基礎工事が完成・確認したあと、霊園事務所で署名捺印し工事終了を届出る。

それから『筋マッサージ』を受けるため甲府に向かう。
八王子から中央高速道路に入り甲府南インターでおり南甲府の『水谷スジ整体研究所』を訪ねる。着いた先は研究所とはイメージの違う普通の民家だった。

南甲府『水谷スジ整体研究所』

玄関に出てきた奥さんに予約していたことを告げ奥に案内される。
座敷では先客の女性が横になって整体を受けていた。
部屋の壁には所狭しとマッサージを受けた芸能人やスポーツ選手・お相撲さんなどと一緒の写真が張り出されている。
奥さんが予約ノートを取り出し自分の名前をみつけ症状を質問する。
偏頭痛・腰痛・たまにめまいあることなど話しながら、女性の連れの方の横で整体の様子を見学しながら順番を待つ。
整体師のご主人がスジに触れるたび女性は悲鳴を上げ痛がっている。
スジマッサージとはどんなものかも解らないがつぼをつかまれると痛いのだということは理解できる。


先客の女性が終わると、整体師のご主人は健康についてや過去に直した人たちのことなど、ひとしきり話していた。
そのあと布団にうつ伏せになるよう促され横になる。
早速、筋のばしの施術が始まる。腕・腰・足のスジをぎゅーっとつかまれるとその痛いこと痛いこと涙がでるくらい、遠慮なく悲鳴をあげなさいと言われたが言われなくても悲鳴が出た。
20〜30分整体がつづいただろうかやっと解放される。
前のテーブルの周りには次の客が待っていた。
果たして効果があったかどうか結果は少し先だが楽しみになる。
料金7000円を支払う。友人の話の通り予約がいっぱいで本当に効くのか疑問もあるがこれで直れば安いものだ。
お茶をいただきながら『スジ』の大切さなどいろいろ聞きいて、また折があったらお願いしますと挨拶して失礼する。



整体を受けた後武田信玄を祀る武田神社をお参りする。
茶店で氷を食べ一休みして今日の宿泊先西山温泉に向かう。


国道52号線を静岡県方面に向け富士川と並行に走って身延町の先を右折、険しい山あいの道をひとしきり登るとやっと目的地の西山温泉慶雲館が見えてくる。


慶雲館は今回で3度目だ。
お風呂・部屋・料理・サービスなどとても満足でき大好きな宿。


初めての時は次女とエマ君夫婦と一緒だった。その旅行でエマ君は日本の温泉がすごく好きになり来日のたび温泉に行くようになった。
2度目は長女が
Kの還暦祝いに招待してくれ、孫のよし君が風邪で高熱を出し深夜救急車で1時間半もかかって50キロも離れた市川町の病院に運ばれて診療を受け 夜明けに帰ってきた苦い思い出がある。

慶雲館のお風呂写真・宿の案内から
慶雲館・宿の案内より
泉質・・・・ナトリウム・カルシウム・硫酸塩塩化物泉
源泉の温度 ・・・・52℃
湧出量 ・・・・2,030リットル/分
(ボーリング掘削:1,630リットル/分、
自然湧出:400リットル/分※2005年11月)
源泉の湧出状況 ・・・・ 自家源泉で自然湧出
自家源泉で掘削自噴
※自家源泉の本数6本
加温 ・・・・なし
消毒 ・・・・なし
入浴剤 ・・・・ 未使用
効能 ・・・・ 胃腸病、筋肉痛、便秘、美肌効果
湯の色 ・・・・ 無色透明
飲用・・・・ 可
飲用の効能・・・・ 胃腸病・糖尿症・慢性便秘
におい・味・・・・ かすかに温泉特有の香りがします

展望野天風呂「望渓の湯」と渓流野天風呂「白鳳の湯」清冽な早川の渓谷美を望み、吹き渡る風もすずやかな野天風呂は格別。
最上階の展望風呂。木の香り漂うひのき風呂「桧香の湯」、したたる湯に独特の輝きを放つ石造りの「石風の湯」。
大自然のパノラマを手にとるように眺めることができる贅沢さ。
 2つの貸し切り専用の露天風呂「瀬音」と「川音」。沐浴の楽しみが広がります。

温泉小旅HOME⇒

展望野天風呂「望渓の湯」

野天風呂「白鳳の湯」


貸切露天風呂・瀬音 他にもう一つ


慶雲館には6つのお風呂がある。
この旅館で一番気に入っているのが、野天風呂「白鳳の湯」で源泉掛け流し少し熱めのお湯。
部屋のお風呂も源泉からひいているというのは珍しい。
源泉の湧出量が豊富な証拠で宿の一番の自慢だ。
どのお風呂も広く大きく本当にのんびりできる。






今回はMの還暦祝いで夕食の時に宿から花束が届く。
担当の仲居さんは震災後神戸からここに来て働く若い女性で、11月札所巡りで神戸にも行く予定というと、懐かしそうに神戸の事を沢山話してくれた。神戸から、こんな遠くの山奥の温泉で働いているのは見えない縁があったのだろうと思った。











夕食後もお風呂三昧。渓谷のせせらぎをききながらやすむ。
2008.8.4(月)
西山温泉


K&MSecond Life

2日目
朝からお風呂・昼寝・お風呂・読書・散歩・お風呂・ゲーム・お風呂の繰り返しで命の洗濯日。

NO-SIDEホームへ
HOME



宿のうしろにある渓谷とつり橋を渡って散歩コース



慶雲館自慢の温泉は毎分1600g以上の自噴泉で、部屋、お風呂、給湯、シャワーまで館内全て源泉を使用して、全館源泉掛け流しという温泉好きとしては本当に貴重で嬉しい。


夕食は昨日と違う献立。






2008.8.5(火)
慶雲館
中央高速
首都高速


K&MSecond Life

3日目 早朝最後のお風呂に入ってから朝食。
9時チェックアウト玄関前に神戸の若い仲居さんが走り出て見送ってくれた。


ひのき風呂「桧香の湯」



帰り、家までの長いドライブは娘が全が運転してくれて後ろに座って昔に比べほんとうに楽になったものだ。

HOME | 海外紀行 | 日本紀行 | 札所紀行 | 小さな旅・温泉 | RETIREMENT | HIT-PRADE| PET | ARCHIVE | PROFILE | SITE-MAP



HOME Ken & Merry's Second Life

NO-SIDE  It aims at a happy retirement E-mail: no-side@no-side.us
Copyright c1998-2007 Ken&Merry. All rights reserved.