セカンドライフ シニアの旅 団塊世代KenとMaryのNO-SIDE 
エストニア・タリン ロシア・サンクトペテルブルク フィンランド・ヘルシンキ スウェーデン・ストックホルム ノルウェー・オスロ~ボードー~キルケネス デンマーク・コペンハーゲン
北欧トップ
北欧旅行(2012年9月26日~10月16日)エストニア/ロシア/フィンランド/スウェーデン/ノルウェー/デンマーク
Estonia/Tallinn
Russian/StPetersburg(A)
Russian/StPetersburg (B)
Finland/Helsinki
Helsinki~Stockholm
Sweden/Stockholm(A)
Sweden/Stockholm(B)
Norway/Oslo
Hurtigruten(A)Bodo
Hurtigruten(B)Kirkenes
Danmark/Copenhagen(A)
Copenhagen(B)
北欧(4) ノルウェー・ヘルシンキ 10月2日~10月3日
10月2日 7日目
ヘルシンキ へ
サンクトペテルブルク
ヘルシンキ
SokosHotel
Torni


K&MSecond Life


ヘルシンキに 映画で見たかもめ食堂はあった。
各国ページ
1 エストニア/タリン
2 サンクトペテルブルク(A)
3 サンクトペテルブルク(B)
4 フィンランド/ヘルシンキ
5 Tallinksiljaライン/クルーズ
6 スウェーデン/ストックホルム
7 ストックホルム(B)
8 ノルウェー/オスロ
9 船旅(A)沿岸急行船/Bodo
10 船旅(B)沿岸急行船Kirkenes
11 デンマーク/コペンハーゲン(A)
12 コペンハーゲン(B)
10月2日 火(7日目)サンクトペテブルクからフィンランド・ヘルシンキへ

6:00起床 今朝もNHKワールドを見ながら荷造り。8:30~朝食 9:30チェックアウトし歩いて地下鉄駅へ向かう。改札を抜けトランクを気をつけながら急速の超なが~いエスカレーターに乗る。混雑のホームに降り3号線の電車を待つ。2つ目で乗換、ロシアの地下鉄はホームに下りるエスカレーターはがらがらだが、登りのエスカレーター前はいつもすごい行列でトランクを持っての移動に骨が折れた。1号線に乗換て又2つ目で下車しエスカレーターを上がるとそこがヘルシンキ駅だ。電光掲示板で出発番線を確認してから広く暗い待合室でかけて待つ。間違いないと思うが万が一を考え改札口の駅員さんにチケットを見せるとその列車はここではなく外に出てぐるっと周った所のような説明とジェスチャー。ロシア語は全く判らないがこの駅ではないのは確かで、外に出て迂回するとおととい雨の日に来た時の駅舎があった。電光掲示板まであってそこではないとは本当にびっくりするやら、さっきの駅は近郊電車の発着駅ではなかったかと思う。


アレグロ号車内・フィンランド入国審査
11:00時、そこの駅員さんにチケットを見せると2番線から発車する電車でもう改札が始っていた。改札口で飛行機に乗るのと同じ上着を脱いで、手荷物検査がありものものしい。やっとホームにでると写真で見ていたアレグロ号が悠然と停車していた。指定席車両の入口でチケットとパスポートを見せ乗車する。乗り方もロシアらしい厳重さだ。11・12番の予約席に着き上着を脱ぎほっと一息。まもなく11:25分列車は時間通り発車してしばらく走る。車窓から見える家々、村々は荒れた土地に古く貧しい家ばかり。国境の手前になると、数人のロシア側の職員が車内を巡回しながら鋭いひとみでチケット・パスポートのチェックをはじめる。外国人はここで入国の際記載した出入国カードの出国カードとチケット・パスポートを提示、荷物の数を聞かれ、チェックが終わるとパスポートに出国スタンプを押してくれる。やっと無罪放免だ。まったくロシアという国は厄介な神経を使う国である。ほっとして国境を越えると今度はフィンランド側の職員が車内を巡回しながら入国手続きをして回り始めた。こちらは男女3名でみんな笑顔でとてもフレンドリー、ロシアとは大違い。お国柄というかこれが普通だよと思う。チケット・パスポート提示荷物の数とやることは同じ。出入国手続きも終えてやっと普通のたびに戻り車窓を楽しんで行く。ロシア国内の景色に比べ、フィンランドに入ってからは車窓の家々は緑の中に北欧らしいカラーの可愛い家々で国の豊かさというか民度のレベルの差を感じた。


フィンランド・ヘルシンキ中央駅

15:10分ヘルシンキ中央駅到着。駅の雰囲気はごく普通のヨーロッパの駅で、ロシアでは止まっていたようだった時間がゆっくり動きだして旅が再開されたような気持ちになった。

ヘルシンキ中央駅

ヘルシンキ中央駅を出たところの大通りを歩くと「「三人の鍛冶屋像」前に出る。その向かいの石畳の坂道を上がったところに今日の宿「SokosHotelTorni」がある。
先日BS日テレ「大人の街歩き」で紹介されたホテル4★の落ち着いた感じ。チェックインする。荷物を置いて直ぐに街に出る。


ヘルシンキ・SokosHotelTorni


ヘルシンキ デパート・ストックマン本店

ホテル前は石畳の道で荷物を持ってはきつい道だが散策には風情がある。坂を下ってヘルシンキの中心エスプラナーディ通りを港に向かって歩く。『マリメッコ』『アルテック』『イヴァナ』『イッタラ』など著名なショップが軒を連ねて北欧の香りをウィンドーショッピングしながら進むとバルト海の乙女像を抜けると港の市場マーケット広場に出る。エテラ港は蒼く輝き沖の方に明後日乗船予定のシリアタリンクラインが雄姿を見せ停泊中だった。岸壁沿いの道をゆっくりその乗場・オリンピアターミナルに行ってみる。午後3時ターミナルの中は乗船前の客でいっぱいだ。どの顔も今から乗る楽しみに満ちて微笑ましいい。明後日の我が身を見るようで楽しい。


エスプラナーディ通りからトゥルク港へ

トゥルク港にはストックホルム行きフェリー『タリンクシリアライン』『ヴァイキングライン』

港近くに日本大使館

ターミナル前から小高い丘にのぼると見晴らしのいい公園になっていてそこからの海の景色も素晴らしい。今日は映画『かもめ食堂』の舞台になったレストラン《KAHVILA SUOMI》に旅行前からの計画なので公園から地図を見ながら古い街中を歩く。地図を拡げていると「何かお手伝いすることがありますか?」と英語で話しかけてくれるご婦人にKAHVILA SUOMIの場所を訪ねると直ぐにわかり詳しく教えてくれた。見ず知らずの東洋人の老夫婦に何と親 切なと心の中で手を合わせる。逆の立場になったら日本で道不案内の外国人にはこんな親切をしなければと教えられた。


歩いてみればオリンピアターミナルから20分くらいの静かな通りにKAHVILA SUOMIはあった。

BS日テレ『大人のヨーロッパ街歩き』
案内人は新進気鋭の女性テキスタイルデザイナー元フジTVアナウンサー大坪千夏さん。旅の始まり、中央駅からトラム(路面電車)に乗って朝市へ。名産物、黄金のきのこを発見。更に映画「かもめ食堂」の舞台となった素敵なレストランでフィンランドの家庭料理を堪能。そして、案内人は浦佐和子さんというで、ヘルシンキの大学留学中にデザインを認められmarimekkoとも契約をしたテキスタイルデザイナー。

SokosHotelTorni
屋上の展望テラス




BS日テレ『大人のヨーロッパ街歩き』放映の浦佐和子さんと大坪千夏さん
SokosHotelTorniの展望テラスで、この撮影後にかもめ食堂へ。


Tallinn
StPetersburg
StPetersburg2
Helsinki
Stockholm
Stockholm(2)
Oslo
Hurtigruten
Copenhagen
Copenhagen2
『かもめ食堂KAHVILA SUOMI』

店頭のガラスには『KAHVILA SUOMIかもめ食堂』と小さく日本語表示もある。中に入ると映画と少し違ったテーブルの配列 だが雰囲気はそのままで、真ん中あたりの席に着くとそこの女将さんらしいフィンランド人のご婦人がメニューを持って挨拶して簡単な説明をしてくれる。

『かもめ食堂KAHVILA SUOMI』

『かもめ食堂KAHVILA SUOMI』店内

映画の影響だろうか日本人が多いらしくいたるところ日本の絵や文字が張り出されてほっとする。Mはにくだんご定食Kはステーキ定食を注文、サラダとパンとコーヒー・紅茶はセルフサービスで好きなだけどうぞと物価高の北欧では考えられないサービス。まもなく料理が運ばれてくる。味は普通だが量は半端でないくらい皿いっぱいで心意気が嬉しい。


『かもめ食堂KAHVILA SUOMI』

『かもめ食堂KAHVILA SUOMI』人気の肉団子

『かもめ食堂KAHVILA SUOMI

『かもめ食堂KAHVILA SUOMI』

食事中表に日本人らしい20代の女性の姿。ひとしきりカメラで店の外観を撮った後店に入って近くの席にかけた。『こんにちわ』と挨拶すると違うと手を横に振って可愛い笑顔で『アンニョンハセヨ』と韓国から来たと言う。食事を終わりMがトイレにたった時後ろの席のさっきの韓国のお嬢さんが皿を両手にかかげて『どうぞ食べて下さい』と英語で見せの名物シナモンロールを差し出される。さすがにおなかいっぱいでとても食べられそうもないが気持ちが嬉しく、Mが席を勧めてかけてもらい少し話をする。ソウルから一人で来ていて明日は飛行機でストックホルムに行く予定で仕事を10日程休んで北欧を一人で旅しているそうだ。ソウルのサムスンにお勤めで、サムスンといえば日本の家電業界を窮地に追いやっているライバル企業で日頃いい印象は持っていなかったが、こんな親切な可愛いお嬢さんが勤めている会社と思うと印象が穏やかに変わった自分がおかしい。記念写真を取り合い、別れ際に「気をつけて旅行するよう」言って別れる。


かもめ食堂でシナモンロールをご馳走してくれた 來 美安さん

シナモンロールはティッシュに包んでお土産にいただきレストランを後にした。かもめ食堂からホテルへの帰り道はどこも緑が多くきれいで住宅街を抜けるとエスプラナーディ大通りに出られ又石畳の坂道を上ってホテルに帰る。14673歩 9.5㎞

ヘルシンキ2日目
10月3日 8日目
ホテル
ヘルシンキ
オリンピック公園
ヘルシンキ街歩き
ホテル


K&MSecond Life

SokosHotelTorniホテル朝食
各国ページ
1 エストニア/タリン
2 サンクトペテルブルク(A)
3 サンクトペテルブルク(B)
4 フィンランド/ヘルシンキ
5 Tallinksiljaライン/クルーズ
6 スウェーデン/ストックホルム
7 ストックホルム(B)
8 ノルウェー/オスロ
9 船旅(A)沿岸急行船/Bodo
10 船旅(B)沿岸急行船Kirkenes
11 デンマーク/コペンハーゲン(A)
12 コペンハーゲン(B)
10月3日 水(8日目)フィンランド・ヘルシンキ

6時起床・いつものようにラジオ体操。朝食後10時~ヘルシンキ中央駅前からトラム3T線に乗って郊外のヘルシンキオリンピック会場跡地見学に向かう。


Mが旅行前NHKラジオあさ一番で紹介された、伝説のアナウンサー和田信賢さんのヘルシンキ・オリンピックについての放送で、どうしてもオリンピック会場跡に行きたいと言う希望があって特別な観光地でもない場所に行くことになる。和田アナウンサーは日本が戦後初めて参加したオリンピック大会で数名の同僚とともに当時は遥か彼方の遠い国ヘルシンキに渡りオリンピック期間中実況中継の仕事を完了し帰国途中のパリで急病により亡くなる不幸に逢う。遺品の中には宮田(輝)、高橋(圭三)Yシャツのメモもあり両アナウンサーはその土産を受け取ることもなかったそうだ。つまり土産を買う前に亡くなってしまったのだ。


トラム3T線ToolonHalli駅で下車すると右方向にスタディウムタワーが見える。オリンピックスタジアムは現在も使用されていて入るとスポーツジムの受付で、そこで観光に来たことを告げ見学させていただく。Mは人気のないスタジアムを前に旅行前聞いた和田アナウンサーの切ない話を胸に思いに浸っていた。路面電車の通りに戻り3T線で途中のKauppa-korkoulut駅で下車近くのテンペリアウキオ教会へ。別名ロックチャーチの名前の通り大きな岩山をそのまま利用して建てられた珍しい教会で中に入るとむき出しの岩肌に張り付くように祭壇がしつらえられ、静かな音楽が流れ、入場者は皆並べられた長いすに腰掛音楽を耳にしながら周りを見回すようだ。音響効果もよく混和ーとも開かれるようだ。ただここでもいつも同じ光景だが最前列で中国人グループが歓声をあげ記念撮影をし終わるとさっさと引き上げる姿を目にした。


教会から地図を見ながら大通りを歩いてホテルへ一度戻り休憩する。
午後一時半又街歩きに出かける。
エスプラナーディ通りのマリメッコでMが防寒対策に毛糸帽を購入。
10月初旬なのにフィンランドは日本の冬の気候だ。通りを港前で左に折れると大聖堂前の元老院広場にでる。石畳の広場の中央にはロシア皇帝アレクサンドラ二世像。周りは市庁舎・ヘルシンキ大学など重厚な建物が並ぶ。広場から大聖堂は大きな石段を上がる。大階段は市内を見晴らす絶好の休憩場所で多数の旅行者が腰を下ろしている。左側の入口から大聖堂に入りお参りする。


大聖堂から港に向かうと丘の上に赤いレンガの建物。
ロシア正教のウスペンスキー寺院だ。港の船着場を廻りこみながら石段を上がると寺院庭からはエテラ港が前面に広がる大展望。

Tallinn
StPetersburg
StPetersburg2
Helsinki
Stockholm
Stockholm(2)
Oslo
Hurtigruten
Copenhagen
Copenhagen2

はるか向こうの対岸には明日乗るシリアタリンクラインの大型船が停泊している。マーケット広場を抜けてホテルに戻り、午前中寄って見ていたバスターミナル横のショッピングセンター内「PENTIK」という店でお土産にテーブルクロス3枚(TaxFree)を買う。


SokosHotelTorni
屋上の展望テラス

ホテルに戻りロビー前からクラシックのエレベーターに乗って12階の展望室に行く。レストラン横の階段を更に上がると小さな展望台になっていてヘルシンキ市街360°の展望。碧い海が拡がる景観を見るとあらためてヘルシンキは海の近くの街だというのがわかる。
明日は船でスウェーデン・ストックホルムに向かう。

ストックホルム
へ移動日
10月4日 9日目
ホテル
ヘルシンキ
シベリウス公園
ホテル
ヘルシンキ
フェリーターミナル
ストックホルム
10月4日(木)  ヘルシンキ~スウェーデン・ストックホルムへ移動日
ヘルシンキ・SokosHotelTorni

ヘルシンキからストックホルムへの移動日。
ストックホルムへは船で渡るのだが、タリンクシリアラインの出航時刻は午後3時半なので午前中ホテルに荷物を預けて歩いてヘルシンキの国民的作曲家シベリウス記念公園に行く。
緑の多い電車道を約40分ほどで公園入り口に到着。園内は子供の学習場所のようで3~10歳くらいの子供たちが引率されそこかしこで自由にあそんでいる。


ルシンキで再会した
韓国青年
Sangmoon,Hanさん

公園以内にはシベリウスの肖像オブジェと1967年製作されたステンレスパイプ・モニュメント


公園散策していると、笑顔で近づいてくる青年。会釈すると、「サンクトペテルブルクのヘルシンキ駅で会ってヘルシンキまで同じ列車に乗りました』と片言日本語で話しかけてきたのは、ソウルから北欧を旅している韓国人青年ハンさんで今日ストックホルムへタリンシリアラインに乗船するというと、自分は明日の船ですと、残念そうだった。名刺を渡されソウルに来たら是非たずねて下さいといいながら笑顔で公園内へ去って行った。

ハンさんと別れヘルシンキの街の風情を心にしながらゆっくりホテルに戻る。


ホテルで荷物を受取りフェリーターミナルに向かう。
港へは石畳の道は荷物を持って歩くのは辛いので平坦の道を見つけて下り何度も歩き馴染みになったエスプラナーディ通りから。


ストックホルム行きの出航するオリンピアターミナルへ14時半に到着。


出航準備中の船は近くから見ると巨大な姿で映画の『タイタニック』号を連想する。

各国ページ
1 エストニア/タリン
2 サンクトペテルブルク(A)
3 サンクトペテルブルク(B)
4 フィンランド/ヘルシンキ
5 Tallinksiljaライン/クルーズ
6 スウェーデン/ストックホルム
7 ストックホルム(B)
8 ノルウェー/オスロ
9 船旅(A)沿岸急行船/Bodo
10 船旅(B)沿岸急行船Kirkenes
11 デンマーク/コペンハーゲン(A)
12 コペンハーゲン(B)

特大のロビーはまだ人がまばら、窓から船をまん前に見る奥のソファーに腰掛ける。

タリンク・シリアライン大型客船でストックホルムへ⇒
飛行機 列車・電車 バス・タクシー 徒歩 宿

サンクトペテルブルク(2)

タリンク・シリアライン(船旅)
HOME 海外紀行 日本紀行  札所紀行 温泉紀行 日曜名画座 RETIREMENT HIT-PRADE PET PHOTOS PROFILE SITE-MAP

セカンドライフ シニアの旅 団塊世代KenとMaryのNO-SIDE 
HOME Ken & Merry's Second Life

NO-SIDE  It aims at a happy retirement E-mail: no-side@no-side.us
Copyright c1998-2007 Ken&Mary. All rights reserved.