HOME 海外紀行 日本紀行  札所紀行 温泉紀行 日曜名画座 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI ARCHIVES PROFILE PROFILE
セカンドライフ シニアの旅 団塊世代KenとMaryのNO-SIDE 
世界と日本
海外紀行TOP
日本紀行TOP
HOME Ken & Merry's Second Life



 
 旅紀行(海外)
 旅紀行(国内)
 旅紀行(札所)
 旅紀行(温泉)
 日曜名画座
 '60Hit-Parade
 Mami
 Archives
 RetireMent
 SiteMap
 Ken&Mary
EU28ヵ国
イギリス2016年離脱
デンマークの旗 デンマーク
スウェーデン
フィンランドの旗 フィンランド
エストニアの旗 エストニア
ラトビアの旗 ラトビア
リトアニアの旗 リトアニア
アイルランドの旗 アイルランド
オーストリアの旗 オーストリア
オランダの旗 オランダ
ドイツの旗 ドイツ
フランスの旗 フランス
ベルギーの旗 ベルギー
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
スロバキアの旗 スロバキア
チェコの旗 チェコ
ハンガリーの旗 ハンガリー
ポーランドの旗 ポーランド
ブルガリアの旗 ブルガリア
ルーマニアの旗 ルーマニア
イタリアの旗 イタリア
ポルトガルの旗 ポルトガル
スペイン
ギリシャの旗 ギリシャ
クロアチアの旗 クロアチア
スロベニアの旗 スロベニア
マルタの旗 マルタ
キプロスの旗 キプロス
日本とヨーロッパ
ヨーロッパは全部で45ヶ国あり、どの国も素晴らしい街に雰囲気がある。ガイドブックに載らない小さな街はさらに風情がある。2002年~2015年、ヨーロッパへは7回の旅行で23ヶ国(29ヶ国)を訪問した。もう一度どこに行きたいかと考えてもすぐに何処といえない、どこも印象的な街ばかり。しいて好きな国といえば、フランス/北欧/ポーランドか、そしてバルト3国も、いやスペイン、オーストリア、ドイツ、スイスも、それから英国も素晴らしい。そうだギリシャも。
そして2016年には、いつ行けるかわからないが、トルコ~ブルガリア~ルーマニア~マケドニア~クロアチア~マルタ周遊を計画。
ヨーロッパ旅行記 2002年フランス・モナコ
    2005年イタリア・フランス
    2007年ポルトガル/スペイン/フランス
    2009年ギリシャ/フランス/スイス/オーストリア/チェコ/ハンガリー
    2010年イギリス/ベルギー/オランダ/ドイツ
    2012年エストニア/ロシア/フィンランド/スウェーデン/ノルウェー/デンマーク
    2015年ドイツ/チェコ/ポーランド/リトアニア/ラトビア/フィンランド
国際連合によるヨーロッパの分類では、北欧(北ヨーロッパ)東欧(東ヨーロッパ)=10ヶ国、南欧(南ヨーロッパ)=15ヶ国 計45ヶ国 うちEU(欧州連合)加盟28ヶ国

ヨーロッパ/国連によるヨーロッパ東西南北.分類(赤字=訪問国/2016年現在

北ヨーロッパ
(10ヶ国)

イギリス・スウェーデン・デンマーク・ノルウェー・ フィンランド・エストニア・ラトビア・リトアニア ・アイルランドアイスランド

西ヨーロッパ
(10ヶ国)

オーストリア・オランダ・スイス・ドイツ・ フランス・ベルギー・モナコアンドラ・リヒテンシュタイン・ルクセンブルク

ヨーロッパ
(10ヶ国)

スロバキア・チェコ・ハンガリー・ポーランド・ロシア・ウクライナ・ベラルーシ・ブルガリア・モルドバ・ルーマニア

ヨーロッパ
(15ヶ国)

イタリア・スペイン・バチカン市国・ポルトガル・ギリシャ・ マケドニア共和国・アルバニア・セルビア・モンテネグロ・ボスニア ヘルツェゴビナ・クロアチア・スロベニア ・サンマリノマルタ・キプロス

ヨーロッパ45ヶ国のうちEU(欧州連合)加盟は28ヶ国
EUとは (出典:駐日欧州連合代表部)
 
欧州連合(EU)は、独特な経済的および政治的協力関係を持つ民主主義国家の集まりである。EU加盟国はみな主権国家であるが、その主権の一部を他の機構に譲るという、世界で他に類を見ない仕組みに基づく共同体を作っている。現在28カ国が加盟している。(2016年英国離脱)
 EUの人口は今や5 億人を超え、EUはすべての欧州市民に平和、繁栄および自由を保障するとともに、平和構築や開発援助などを通じ、世界の平和と安定に積極的に貢献することを目指している。
 以上を実現するため、EUはその運営や法律制定のためのさまざまな機関を有する。主なものは以下の通り。
 • 欧州議会(5年ごとの直接選挙で選ばれる議員で構成。欧州市民を代表)
• 欧州理事会(各EU加盟国の大統領または首相で構成)
• 欧州連合(EU)理事会(各加盟国を代表、閣僚が出席)
• 欧州委員会(立法準備を行い、EU法の施行と遵守を担当)
 EUの法律は、原則的に欧州委員会が原案を提示し、EU理事会と欧州議会が検討・審議して策定される。
 なお、欧州委員会には各加盟国から1人の委員(大臣に相当)がいる 。
 また、EUには「旗」、「歌」、「記念日」、「標語(モットー)」の4つのシンボルがある。「欧州旗」は青地に円環状に配置された12個の金色の星で構成され、欧州議会や国際会議等の公式の場で掲揚される。「歌」はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーベンの交響曲第9番第4楽章「歓喜の歌」の主題部分であり、「記念日」は欧州の平和と統合を祝う「ヨーロッパ・デー」が5月9日に制定されている。EUの「モットー」は 「多様性の中の統合(United in diversity)」で、多くの主権国家、言語、文化をそれぞれ尊重しながら統合を進める欧州の理念を示している。
EU加盟28ヶ国(2016年イギリス離脱)
欧州連合(EU)の歴史 (出典:駐日欧州連合代表部)

EUの根底にある欧州統合の考えは、第二次世界大戦後に生まれた。欧州は、何百年もの間、幾度となく戦争の悲劇に見舞われてきた。近代に入ってからは、その多くの場合、対立の中心にはフランスとドイツがいた。その繰り返しに終止符を打とうと、1950年5月9日、当時のフランス外相のロベール・シューマンは、石炭と鉄鋼という、当時、あらゆる軍事力の基礎となっていた産業部門を共同管理する、超国家的な欧州の機構の創設を提唱した。この演説は後にシューマン宣言 」として知られるようになり、現在の欧州統合の出発点となった。1952年、シューマンの考えに賛同したフランス、西ドイツ(当時)、ベルギー、イタリア、ルクセンブルクおよびオランダが欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)を設立した。その後、平和と和解に留まらない、欧州統合の政治的・経済的意義も徐々に認識されていった。「共通市場」を擁する欧州経済共同体(EEC)の創設以後、いくつもの基本条約の改定と加盟国の増加を経て、単一市場を完成させ、共通の通貨ユーロを有する現在のEUに至る。現在のEUは、2009年12月発効のリスボン条約により意思決定手続きがより効率的になり、外交政策もEU外務・安全保障政策上級代表(外務大臣に相当)の下で一本化され、欧州対外行動庁EEAS)も設立された。21世紀の国際舞台でEUはその人口と経済力に見合う役割を果たすため、積極的に活動している。

ヨーロッパ人から見ると東の果てにある国 日本
左の世界地図は、見慣みなれた世界地図。太平洋と日本が地図の真ん中にある。地図の右にアメリカ、左にヨーロッパ。右の世界地図は、アメリカやヨーロッパの世界地図。大西洋を中心にしてアメリカとヨーロッパが地図の真ん中。昔のヨーロッパ人は、大西洋を航海してアメリカやアフリカと行き来したから当然。ヨーロッパ人やアメリカ人から見ると、日本は地図の右端はしにある。
アメリカ西海岸
2011年3月ハワイ~アメリカ西海岸旅行⇒ではホノルル~サンフランシスコ~ロスアンゼル、まわる途中で3月11日東北震災を知る。
カナダ.アメリカ東海岸
2014年9月カナダ~アメリカ東海岸旅行⇒カナダ/バンクーバー~オタワ~モントリオール~ケベック~シャーロットタウン~アメリカ/ワシントン~フィラデルフィア~ニューヨーク~ボストンを周る。
アメリカ合衆国は面積が日本の25倍。アメリカの南北の長さは約2660km。
意外にもアメリカの南北の長さは、日本の南北約2787kmとあまり変わらない。アメリカは陸続きで約2660km、日本は島が連なって約2787kmなので、日本の国土の広がりは思ったよりずっと長いのだ。
日本にとって中国は海をはさんで西隣、面積は日本の25倍。人口も13億人以上で日本の10倍以上。








































2015年、1人当たり名目GDPを示した世界地図[1]
  $64,000以上
  $32,000–64,000
  $16,000–32,000
  $8,000–16,000
  $4,000–8,000
  $2,000–4,000
  $1,000–2,000
  $500–1,000
  $500以下
一人当たりのGDPは世界16位~国民の豊かさ~
1位ルクセンブルク、2位ノルウェー、3位カタール、4位スイス、5位アラブ首長国連邦、6位デンマーク、7位オーストラリア、8位スウェーデン、9位アメリカ、10位オランダ、16位日本、24位香港、33位韓国、92位中国、120位フィリピン
2015年の名目GDP(USドル)ランキング日本は世界3位
1位   アメリカ  17,947.00
2位   中国  10,982.83
3位   日本  4,123.26
4位   ドイツ  3,357.61
5位   イギリス  2,849.35
6位   フランス  2,421.56
7位   インド  2,090.71
8位   イタリア  1,815.76
9位   ブラジル  1,772.59
10位   カナダ  1,552.39
11位  韓国  1,376.87
12位  ロシア  1,324.73
13位  オーストラリア  1,223.89
14位   スペイン  1,199.72
15位   メキシコ  1,144.33
16位  インドネシア  858.95
17位  オランダ  738.42
18位  トルコ  733.64
19位  スイス  664.60
20位 サウジアラビア  653.22
21位  アルゼンチン  585.62
22位  台湾  523.58
23位   スウェーデン  492.62
24位   ナイジェリア  490.21
25位   ポーランド  474.89
26位   ベルギー  454.69
27位   タイ  395.29
28位   ノルウェー  389.48
29位   イラン  387.61
30位   オーストリア  374.12
31位   アラブ首長国連邦  345.48
32位   エジプト  330.77
33位   南アフリカ  312.96
34位   香港  309.93
35位   マレーシア  296.22
36位   イスラエル  296.07
37位   デンマーク  294.95
38位   コロンビア  293.24
39位   シンガポール  292.73
40位   フィリピン  291.97
主要国の自動車輸出台数(2011年)
以外にもフランスが世界一位 
(出典:一般社団法人日本自動車工業会)
人口では世界10位~(2009年)~
1 フランス 4893,115
2 ドイツ 4826,933
3 日本 4464,413
4 大韓民国(韓国) 3151,708
5 スペイン 2121,068
6 アメリカ合衆国(米国) 1727,637
7 英国 1194,052
8 中華人民共和国(中国) 84万9,808
9 インド 59万9,981
10 ブラジル 57万8,728
1 中華人民共和国(中国) 13億5,400万
2 インド 12億1,500万
3 アメリカ合衆国(米国) 3億1,800万
4 インドネシア 2億3,300万
5 ブラジル 1億9,500万
6 パキスタン 1億8,500万
7 バングラデシュ 1億6,400万
8 ナイジェリア 1億5,800万
9 ロシア 1億4,000万
10 日本 1億2,700万
(2009年)
歴史上 人口が多い都市トップ10(出典:Tertius Chandler,1987年)
西暦1000年頃には京都が世界で5位にランクイン。
日本の人口(2014年) 
明治大学国際日本学部 鈴木研究室:資料
人口(万人) 12,713.2 (2014年)
[214カ国・地域中10位]
人口増減(年率%、期間平均) 0.0% (2005-2014年)
[214カ国・地域中187位]
0-14歳、全人口に占める割合 12.9% (2014年)
[194カ国・地域中192位]
15-64歳、全人口に占める割合 61.4% (2014年)
[194カ国・地域中130位]
65歳以上、全人口に占める割合 25.7% (2014年)
[194カ国・地域中1位]
平均余命-男女(歳) 83.3 (2013年)
[198カ国・地域中2位]
平均余命-女性(歳) 86.6 (2013年)
[198カ国・地域中2位]
平均余命-男性(歳) 80.2 (2013年)
[198カ国・地域中5位]
人口密度(1平方キロ当たりの人数) 348.7 (2014年)
[213カ国・地域中30位]
都市地域の人口(全人口に占める割合) 93.0% (2014年)
[212カ国・地域中18位]
人口の増大は支えきれないと思う人の割合 52.4% (2010年)
[32カ国・地域中21位]
年長者より若い人の方がよりよい診療を受けるべきという人の割合 40.6% (2011年)
[29カ国・地域中20位]
住みやすい国 世界ランキング(2010年)
インターナショナル・リビング Quality of Life Index
日本よりパナマとかハンガリーが住みやすい、というのがなんとも言えないが アメリカ人の評価ではそうなっている。指標は、政府の情報、WHO、UNESCO、The Economist などの情報をもとに採点。日本は生活費24点、経済51点とかなり低く、2つの指標は合わせて総合得点の30%を占め、日本の総合得点を低くしている。
採点される指標(% の値は、その指標が総合得点に占める割合)。
  1. Cost of Living(生活費) 15%
  2. Culture and Leisure(文化・余暇・・・識字率、就学率など) 10%
  3. Economy(経済・・・金利、GDPなど) 15%
  4. Environment(環境・・・人口密度、人口増加率など) 10%
  5. Freedom(自由・・・参政権など) 10%
  6. Health(健康・・・医師や病院のベッドの数、水、平均寿命など) 10%
  7. Infrastructure(インフラ・・・鉄道、高速道路、空港、自動車、電話、インターネットなど) 10%
  8. Safety and Risk(治安) 10%
  9. Climate(天候・・・降水量、気温、災害など) 10%
順位 国名 総合得点 生活費 文化 経済 環境 自由 健康 インフラ 治安 気候
1 フランス 82 55 81 69 72 100 100 92 100 87
2 オーストラリア 81 56 82 71 76 100 87 92 100 87
3 スイス 81 41 86 79 78 100 95 96 100 77
4 ドイツ 81 54 82 71 83 100 89 90 100 79
5 ニュージーランド 79 62 82 65 77 100 88 70 100 84
6 ルクセンブルク 78 44 76 85 77 100 87 66 100 83
7 アメリカ 78 56 79 67 62 92 78 100 100 84
8 ベルギー 78 41 83 66 64 100 88 96 100 86
9 カナダ 77 62 76 69 62 100 84 85 100 69
10 イタリア 77 56 85 63 74 92 90 62 100 87
11 オランダ 77 48 71 69 67 100 87 92 100 75
12 ノルウェー 77 39 60 89 76 100 90 89 100 60
13 オーストリア 77 41 86 68 87 100 85 68 100 76
14 リヒテンシュタイン 76 44 80 100 65 100 80 44 100 79
15 マルタ 76 63 70 53 84 100 89 52 100 95
16 デンマーク 76 33 88 69 84 100 86 72 100 78
17 スペイン 76 56 68 63 75 100 90 65 100 79
18 フィンランド 75 39 93 66 68 100 81 76 100 76
19 ウルグアイ 75 60 72 52 72 100 76 64 100 93
20 ハンガリー 74 58 76 48 77 100 84 77 93 76
21 ポルトガル 73 55 72 52 74 100 86 56 100 83
22 リトアニア 73 63 68 48 81 100 80 56 100 79
23 アンドラ 73 52 74 61 60 100 85 58 100 82
24 チェコ 73 48 78 52 74 100 82 78 100 67
25 イギリス 73 30 82 65 72 100 84 80 100 66
26 アルゼンチン 72 61 67 52 71 83 82 56 100 91
27 スロベニア 72 53 69 56 74 100 72 56 100 83
28 ギリシャ 72 52 64 58 70 92 84 64 100 79
29 モナコ 72 44 85 66 59 92 80 48 100 89
30 スウェーデン 71 0 94 68 75 100 82 92 100 68
31 チリ 71 60 67 54 71 100 73 73 100 59
32 エストニア 71 60 82 44 77 100 75 64 86 74
33 コスタリカ 71 62 64 53 78 100 78 48 93 79
34 パナマ 71 62 63 52 77 92 72 74 93 69
35 ポーランド 71 51 74 52 72 100 80 64 86 76
36 日本 70 24 92 51 71 92 89 64 100 84
37 クロアチア 70 58 68 48 77 83 76 52 93 95
38 ブラジル 70 64 58 65 71 83 73 59 83 82
39 エクアドル 70 72 60 45 93 75 69 45 86 96
40 ラトビア 70 59 75 40 86 92 75 64 86 73
41 アイルランド 70 28 81 60 70 100 79 72 100 65
42 韓国 69 39 82 56 68 92 81 52 93 83
43 スロバキア 69 48 60 52 71 100 79 68 86 77
44 ブルガリア 69 61 69 47 78 83 78 48 86 80
45 キプロス 68 48 65 58 62 100 85 36 100 76
46 メキシコ 68 63 65 50 68 75 76 57 79 92
47 イスラエル 67 39 83 61 68 92 85 36 71 84
48 アイスランド 67 36 85 40 74 100 86 48 86 74
49 バミューダ諸島 66 25 57 89 41 92 73 64 100 66
50 南アフリカ 66 59 60 45 75 83 57 44 86 98
57 台湾 64 50 47 58 75 92 68 51 79 68
70 シンガポール 61 51 71 68 39 42 74 69 100 39
72 トルコ 61 49 60 45 68 67 76 40 86 73
85 マレーシア 58 70 71 48 62 50 68 44 86 24
88 インド 58 65 39 55 68 75 60 44 64 47
90 キューバ 57 63 75 44 77 8 79 56 57 63
95 モンゴル 57 68 60 47 70 83 56 52 64 14
97 中国 56 63 59 69 54 8 67 40 57 79






















































































































NO-SIDEホームへ
HOME
K&MSecond Life


 
 旅紀行(海外)
 旅紀行(国内)
 旅紀行(札所)
 旅紀行(温泉)
 '60Hit-Parade
 Mami (pet)
 ARCHIVE
 RETIREMENT
 SITE-MAP
 日曜名画座






海外紀行 日本紀行   札所紀行 温泉紀行 RETIREMENT HIT-PRADE MAMI ARCHIVE PROFILE SITE-MAP

セカンドライフ シニアの旅 団塊世代KenとMaryのNO-SIDE 
HOME Ken & Merry's Second Life

NO-SIDE  It aims at a happy retirement E-mail: no-side@no-side.us
Copyright c1998-2007 Ken&Mary. All rights reserved.